[Webike motosport]MotoGP Rd.5 Teluru team JiR Webikeと長島選手がル・マンサーキットデビュー

若い日本人ライダーの長島哲太選手がTeluru team JiR Webikeマシンで歴史あるル・マンサーキットでデビューをしました。21歳の長島選手はブガッティ・サーキットのレイアウトを熟知することに多くの時間を割きましたが、最終セッションで転倒してしまいました。

この日の総合タイムでは、ルイス・サロムが最速ラップを刻み、ポイントリーダーのエステベ・ラバットが2位につきました。

■長島哲太:ライダー ベストラップタイム 1:40.984
「このサーキットは全くの初めてだったので、今日の仕事はできるだけ慣れることに集中することでした。今日の2回の練習走行ではとても早くペースを掴むことができたと思っていますが、その一方でもっと進歩しなければならないことがあると思っています。
このサーキットはとても難しいと思いますし、午後のセッションではクラッシュしてしまい、そのために暫くの間ピットに留まらなければなりませんでした。
リアのトラクション不足のために思っていたほどマシンを曲げることができませんでしたので、明日はいくつかのセッティングを試し、自分のライディングスタイルも変えて、もっと改善していければと思います。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る