[BRIDGESTONE]MotoGP Rd.5 予選 M・マルケスがル・マンでもポールポジションを獲得!

M・マルケスがル・マンでもポールポジションを獲得!
既存ラップレコードを更新し、5戦連続のトップグリッド!!

■開催場所 : フランス/ル・マンサーキット
■開催日 : 5月17日
■今回の供給タイヤ:
フロント:スリック-エクストラソフト、ソフト、ミディアム
リア:スリック(左右非対称)-エクストラソフト、ソフト、ミディアム

2014年第5戦でポールポジションを獲得したのは、またもやM・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)だった。スペインの若きスーパースターは、15分間で争われた土曜午後のQP2で、ル・マンサーキットの既存ラップレコードを0.605秒も上回る圧倒的なパフォーマンスで、1分32秒042を記録。開幕以来5戦連続のトップグリッドスタートとなった。

2番グリッドを獲得したのはP・エスパルガロ(モンスター・ヤマハ Tech3)。最高峰クラス5戦目の若者は1分32秒743の自己ベストタイムを記録し、チームのホームGPで記念すべき初フロントローについた。3番グリッドはA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)。渾身のタイムアタックで1分32秒755をマークした。

このQP2のタイムアタックでは、マルケスとエスパルガロはそれぞれ、フロント・リアともにソフトコンパウンドのタイヤを装着して自己ベストタイムを叩き出した。ドヴィツィオーゾは、ソフトコンパウンドのフロントタイヤに、エクストラソフトのリアタイヤという組み合わせだった。

今日のル・マンサーキットは、昨日と同様に暖かく乾燥した気象条件になった。路面温度は午後のQP2で45℃という最高温度を記録した。午前のFP3では、選手たちは例年よりも暖かいルマンのコンディションのもとで、タイヤの広い作動レンジの見極めを行った。午後のFP4では、ほとんど全員がフロントにソフトコンパウンド、リアには柔らかめ選択肢のコンパウンド(エクストラソフト/ドゥカティおよびオープンカテゴリー、ソフト/ホンダとヤマハのファクトリー勢)というタイヤでレースシミュレーションを実施した。今回のフランスGPでは、このタイヤの組み合わせがロングラン同様にタイムアタックでもベストパフォーマンスを発揮したため、ほぼ全選手がこのタイヤの組み合わせで予選を走行した。

明日の日曜日は、現地時間午前9時40分(日本時間午後16時40分)からウォームアップ走行を実施する。全28周で争われる決勝レースは、午後2時(日本時間午後9時)にスタートする。

コメント
■青木信治-株式会社ブリヂストンモータースポーツタイヤ開発マネジャー
「ル・マンサーキットは今日も完璧なコンディションに恵まれ、選手たちはすべての選択肢のコンパウンドを試して、決勝用のタイヤの組み合わせを見極めることができました。今年は例年のフランスGPより高めの温度条件で推移していますが、このサーキットはタイヤに対して苛酷な特性ではないので、大半の選手たちがリア用タイヤに柔らかめのコンパウンドを装着してレースに臨むのではないかと思われます。フロントタイヤについては、ソフトコンパウンドがコーナリングとブレーキングのバランスがとれた良好なパフォーマンスを発揮しているので、これが明日の決勝で好まれることになりそうです。今回のフランスGPでは、ウォームアップ性と選手の安全をさらに高めることに注力した新しいリアタイヤを投入しました。ライダーたちはその効果を万全に活用し、なかでもマルケス選手がパフォーマンスを大きく向上させましたが、それはもはや見慣れた光景といえるかもしれません。既存記録を0.5秒以上も更新する彼の走りは、脱帽ものです。ロングランでは多くの選手が似たようなペースなので、明日の決勝は激しい戦いが繰り広げられることでしょう」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る