ミラーマン

最近、気のせいか、ヘルメットにまったく顔が見えないスモークやミラーシールドを付けて走っているライダーを多く見かけるように思います。陽が眩しいのか、ファッションなのか、人目につきたくないのか・・・。公道ではクリアか、せいぜい薄いスモークしか付けたことがない私にとっては不思議な感じでした。なぜって、よく見えないからです。もともと視力があまり良くないこともありますが、夜間などはとても怖くてスモークなど使えません。

などと思っていたら最近、何かの記事で“マスク依存症”のことが出ていて、つながるものを感じました。花粉症でもないのにマスク姿の人が増えたという話で、その理由は人の視線から顔を隠すためだそうです。これは外界との関係を拒否するサインだとか。そう聞くとちょっと寂しい気がします。マスクマンとミラーマンがまったく同じとは思いたくないですが、どちらも他人に違和感を与えるのはたしかです。信号待ちでミラーシールド越しにジッとこちらを見ているライダーの方、やはりちょっと怖いです。だって表情が分からないですもの。本当はいい人なのかもしれませんが、誤解のもと。特に交通社会においては非言語コミュニケーションが大事ですから(笑)。

ミラーやスモークが悪いとは言いません。趣味嗜好は自由です。でも、どうか安全だけは気を付けてください。かつて世界GPでも活躍したレジェンドは「公道では昼でもクリアしか付けないよ」とおっしゃっていました。たしかに夕陽が眩しいときもあるでしょう。そんなときにおすすめなのは、インナーサンバイザー付きのタイプ。私も愛用していますが、これは便利です。少なくとも変な人にはならないと思いますよ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型モンキー125用の機械曲サイクロン GPマグナム タイプダウンマフラーがヨシムラから…
  2. 2018年9月10日、昨年のイタリア ミラノショーでカワサキが登場を予告したニンジャ125と…
  3. スポーティなアドベンチャーモデルとして定評あるMT-09トレーサーが、’18年型で「トレーサ…
  4. ナイトロンジャパンは、大人気モデルのZ900RSに、カフェレーサースタイルを取り込んだ「Z9…
ページ上部へ戻る