スズキが誇るアルペンマスター「V-Strom1000 ABS」を国内投入!

スズキの新型スポーツ・アドベンチャー・ツアラー「V-Strom1000 ABS」がいよいよ国内デビュー、6月4日より発売開始となる。

「V-Strom1000 ABS」は輸出モデルとしてすでに海外で発売され、欧州を中心に高い評価を受けているモデルで、街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングでの様々な状況での走りを快適に楽しむことができるスポーツ・アドベンチャー・モデルとして位置づけられている。

デザインコンセプトは「ワイルド&スマート」。冒険をイメージさせる力強く野生的な造形と、軽快さを表現したコンパクトでスマートなスタイリングを採用しつつ、フロントには1988年発売の「DR750S」のイメージを取り込みつつ、また、GSX-Rや隼で定着している縦型2灯ヘッドライトの採用などによりスズキらしさを表現した。

エンジンは従来型Vストローム1000に採用された水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブをベースに排気量を1,036ccに拡大し、シリンダーヘッドを新設計。ツインプラグ化やフリクションロスの低減などの全面改良により従来比3psアップ、欧州仕様と同様の100ps/8000rpmを達成。ECUやFIシステムの高性能化によりスムーズな出力特性と優れた燃費を実現した。

操作系においても新型クラッチシステムを搭載し、スリッパ—クラッチ機能とアシスト機構によりスムーズなシフト操作を実現。シングルマフラータイプの新設計エキゾーストシステムにより単体で4.7kgの軽量化と快適な走りを手に入れている。

また、新設計のフレームは剛性バランスの見直しと軽量化により、さらにスポーティなハンドリングに寄与。新たにフルアジャスタブルタイプの倒立フォークを採用し、幅広いセッティングに対応できるものとし、フロントブレーキも異径対向4ポットタイプのモノブロックラジアルマウントを新採用。ボッシュ製ABSも標準装備として止まる性能も含めたトータル的なアップグレードが施された。

そして、注目すべきはスズキ二輪車で初となるトラクション・コントロール・システムの採用だ。3段階(1/2/オフ)のモード選択機能を備え、エンジン出力をより効率よく後輪に伝達することで、安全で快適なライディングを楽しめるようになった。これ以外にも工具なしで調整できるラチェット機構を備えた可変式大型スクリーンや多機能メーター、DC電源ソケットなど旅の利便性を高めるイクイップメントを標準装備。さらにオプションで、ロングシールドやガード類、大容量の専用ラゲッジシステムなども用意される。

世界的な激戦区であるアドベンチャー・ツアラーのカテゴリーにおいて、並み居るライバル達と戦うための武器として、スズキの開発者は「軽量コンパクトな車体と足着き性、そしてハンドリングの良さ」を挙げている。また、開発では欧州のアルペンルートで実際に走り込みを行い、その完成度に自信を深めたという。日本の道でどんな走りを見せてくれるか楽しみだ。

【関連ニュース】
◆【新車】スズキ、ツーリングを快適に楽しめる大型二輪車 「V-Strom1000 ABS」を6月4日発売

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る