180馬力、100km/h到達時間2.8秒の電動スーパーバイク登場!

電動バイクに関するニュースが飛び交うようになってきた今日この頃、また一台、ベルギーからユニークな電動スーパーバイクが誕生した模様だ。

SAROLEA社が開発した「Sarolea SP7」は電動のレーシングバイクである。最高出力180ps・400Nmの強力モーターを軽量なモノチューブタイプのカーボンファイバーフレームに搭載することで車重200kgを達成。トップスピード250km/h、0〜100km/h加速2.8秒など、リッタークラスのスーパースポーツに肩を並べるスペックを実現している。従来の電動バイクはバッテリー重量がネックとなる場合が多かったが、「Sarolea SP7」はモノコックタイプのスイングアームの他、車体の主要パーツのほとんどをカーボン製として軽量化を図っているようだ。

SAROLEA社のオフィシャルサイトに掲載されているディテールカットを見てみると、ステムまわりやスイングアームピボットなど要所は、極限までに肉抜きされたアルミ削り出しパーツで構成されているのが分かる。チェーン駆動ではあるが、ミッションを持たない電動1速タイプなのでクラッチやチェンジペダルもなく、前後ブレーキはスクーターのように左右のレバーで行うようだ。また、減速時のエネルギーを電気として蓄える回生ブレーキシステムが搭載されるなど、電動ならではのシンプルで無駄のない構造となっている。ちなみに、電気モーターの場合、回転数によらずどこからでも最大トルクを発揮できるメリットがあるが、一方でドライバビリティの制御は難しくなる。恐らくは高精度のトラクションコントロールシステムも投入されていることだろう。

なお、「Sarolea SP7」は5月末から英国で開催される「マン島TTレース」への参戦を表明している。世界最古の公道レースとして知られるが、一方で2010年から電動バイクだけで争われる「TT zero(ゼロ)」クラスが設けられるなど、“電化”を積極的に後押ししている一面もあり興味深い。年を追うごとに著しいレベル向上を果たしている電動スーパーバイクの活躍が、今年も楽しみだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆最高出力180馬力・車重200kgのオールカーボン電動レーサーバイク「Sarolea SP7」

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. SV650Xとはスズキの650ccV型2気筒ネイキッドモデルとして登場したSV650をカフェ…
  2. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  3. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  4. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
ページ上部へ戻る