[KTM]EWC Rd.5&6 KTMライダーは各クラスで表彰台とポイントを量産

『2014エンデューロ世界選手権/第5・6戦ギリシャ』。KTM ENDURO FACTORY TEAMからE1クラス(2st125cc/4st250cc)に参戦した#7Christophe Nambotin/クリストフ=ナンボティンは「250EXC-F」を駆り土曜日第5戦で優勝、日曜日第6戦では2位でフィニッシュ。また#96Cristobal Guerrero/クリストバル=ゲレーロは4位/3位でレースを終えました。

またE2クラス(2st250cc/4st450cc)では#8 Antoine Meo/アントワ=メオが「350EXC-F」を駆り2位/1位。そしてE3クラス(2st300cc/4st500cc)では2名のライダーが「300EXC」を駆り参戦。#25 Ivan Cervantes/イヴァン=セルバンテスが1位/2位、チームメイトの#19Matthew Phillips/マシュー=フィリップス3位/1位となりました。

■E1 クラス
ナンボティンは土曜日、6つのテストで優勝。残りのテストもしっかりと攻めきり37.98秒の差を付けてゴール。しかし日曜日、最初のテストでいくつかのミスを犯したナンボティンは、そこで13秒をロス。そこから最終的にはこの日勝利したE・レメス(TM)と激しい首位争いを繰り広げ、わずか3秒差で2位となりました。チームメイトのゲレーロは土曜日4位、日曜日はひとつ順位を上げ3位でフィニッシュ。現在ナンボティンはポイントスタンディング首位。ゲレーロはその29ポイント差で2位に付けています。

■E2 クラス
土曜日、メオは PA・レネト(ハスクバーナ)に 2.04 秒差で敗れ 2位。しかし日曜日は、その雪辱を果たしトップでチェッカーを受けました。メオは土曜日の決勝でスタートに失敗。最初の2つのテストで4回転倒しますがその後ペースを上げ、最後には前を行くレネトに肉迫するまで追い上げました。その翌
日、メオは 7つのテストで勝利。2位レネトに19秒13の差を付けてフィニッシュしました。

■E3 クラス
この大排気量カデゴリーにおいてもKTMファクトリーチームは存在感を見せつけました。土曜日セルバンテスが勝利すると、チームメイトのフィリップスは2つめのエクストリームテストで大きなミスをおかし3位。そのフィリップスは日曜日にリズムを取り戻すと終始安定したペースで走り、自身初のEWC優勝を
獲得。セルバンテスは足首を負傷しながらも2位に入りました。

チーム監督/ファビオ・ファリオリのコメント:
「良い週末だった。土曜日はE1とE3クラスで、また日曜日は全クラスで勝つことができ、総合ではチーム全員が表彰台に上がることができた。2日間とも気温が高く、砂埃が多いハードなコンディションだったが、そのなかでベストな成績を残すことができ、各クラスでチャンピオンシップもリードすることができた」

次戦/第7・8戦は、6月7・8日にフィンランドで開催されます。

【EWC, Rd.05】決勝結果
■E1 Results
1, Christophe Nambotin – KTM
2, Jeremy Tarroux
3, Anthony Boissiere

■E2 Results
1, Pierre-Alexandre Renet
2, Antoine Meo – KTM
3, Alex Salvini

■E3 Results
1, Ivan Cervantes – KTM
2, Mathias Bellino
3, Matthew Phillips – KTM

【EWC, Rd.06】決勝結果
■E1 Results
1, Eero Remes
2, Christophe Nambotin – KTM
3, Cristobal Guerrero – KTM

■E2 Results
1, Antoine Meo – KTM
2, Pierre-Alexandre Renet
3, Johnny Aubert

■E3 Results
1, Matthew Phillips – KTM
2, Ivan Cervantes – KTM
3, Mathias Bellino

◎E1クラスポイントスタンディングス
1, Christophe Nambotin(KTM) 117 points
2, Cristobal Guerrero(KTM) 88
3, Eero Remes 80

◎E2クラスポイントスタンディングス
1, Antoine Meo(KTM) 114 points
2, Pierre-Alexandre Renet 106
3, Johnny Aubert 86

◎E3クラスポイントスタンディングス
1, Ivan Cervantes(KTM) 117 points
2, Matthew Phillips(KTM) 99
3, Mathias Bellino 83

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る