[BRIDGESTONE]JMX Rd.3 IA1 新井宏彰が第2ヒートでブリヂストン勢今季初V。熱田孝高は両ヒート表彰台登壇!

2014年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦中国大会は、広島県世羅郡世羅町の世羅グリーンパーク弘楽園で開催された。ビッグジャンプ、ロングフープス、登り下りのロングストレートなど見応えのあるセクションが多い同コースは、所々に石が露出し、コーナーにはブラックマークが付くような硬質路面が特徴。大会期間中は土日とも好天に恵まれ、散水が追い付かずホコリが舞うシーンもあったが、路面の掘り返しやセッション間の散水など入念な整備で、ほぼベストのコンディションが保たれた。土曜日の夕方には地元の人たちを招待しての前夜祭なども行なわれ、新緑を背に5月の爽やかな風が吹き渡る中、公式発表で3850人のファンが訪れ熱いバトルを楽しんだ。

●IA1 ヒート1
1コーナーの先に大ジャンプが控えるため、スタート時のみコースの前半部分をショートカットして走行するオープニングラップ。ホールショットを奪ったのは星野裕(KTM-DL)。2周目、好スタートを決めた小島庸平(スズキ-ブリヂストン)が星野裕をパスしトップに浮上。後方では成田亮(ホンダ-DL)がコーナーで転倒しポジションダウン。小島、深谷広一(ホンダ-ブリヂストン)、星野裕、三原拓也(カワサキ-ブリヂストン)、熱田孝高(スズキ-ブリヂストン)、小方誠(ホンダ-DL)、星野優位(ホンダ-ブリヂストン)、新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)の順で序盤のバトルがスタートする。前半7周目まで小島がトップをキープするが、前回関東大会で転倒し、万全の体調ではない小島は後半ペースを維持することができず、8周目小方にトップを奪われる。中盤、小方を追って順位を上げてきた熱田が2番手、後方から順位を上げてきた成田が3番手に浮上。後半、持ち前の勝負強さを発揮した熱田が小方をマークしプレッシャーをかけ続けるが、小方もこれに応戦。熱田は逆転こそならなかったものの、2位でチェッカーを受け今季初表彰台を獲得。ブリヂストン勢では深谷が4位、新井が5位、三原は6位、星野優位が7位、小島は8位でフィニッシュした。

●IA1 ヒート2
鮮やかなスタートダッシュでホールショットを決めた新井がトップ。星野優位、星野裕、小島、小方、深谷、池谷優太(スズキ-DL)、成田、熱田が新井に続きレース開始。序盤、新井が一気にリードを広げ、後方では星野優位と小方が2位争いを展開。中盤小方が2番手に浮上すると、更にその後方からは熱田、三原が順位を上げ、三原が熱田をパスして3番手に浮上。トップ新井が完全な独走態勢を築く一方で、三原と熱田の3位争いでは、終盤熱田が三原を抜き返して3位に浮上。結局レースは、2番手の小方に10秒以上の大差を付けた新井がライバルを圧倒して今シーズン初優勝。熱田は3位で総合でも3位。三原は4位、成田に続き深谷は6位、星野優位が7位でチェッカーを受けた。

コメント
■新井宏彰 – K.R.T.所属
コースは、スタート直後など散水でぬかるんだ場所もあったんですが、練習走行、予選を通じハードで十分対応できることが分かっていたので迷いはありませんでした。ヒート1は腕上がりを起こしてしまい勝てませんでしたが、ヒート2はスタートから思い通りの展開になりました。久しぶりの優勝はブリヂストンタイヤのパフォーマンスのおかげです。

■大庭裕史 – 株式会社ブリヂストン MCタイヤ開発部
ハード路面で所々に石が露出し、スタート前には散水が行なわれるため非常に滑りやすくなるこのコースですが、これはブリヂストンのハードスペックが最も得意とするコンディションで、練習、予選とハード1本で行くライダーがほとんどでした。そんな中で熱田選手が両ヒート表彰台を獲得。新井選手は彼自身得意なコースということもありますが、タイヤのパフォーマンスを最大限に引き出してくれたことが、第2ヒートでの今シーズン初優勝という結果に繋がったと思います。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る