MotoGP イオダレーシング・プロジェクト、負傷代役に指名したスカッサが負傷で参戦をキャンセル

アプリリア製のARTを使用するイオダレーシングが、前戦で左手首を骨折して、第5戦フランスGPを欠場することになったペトルッチの負傷代役に、現在スーパーバイク世界選手権のエボクラスに参戦するイタリア人ライダー、スカッサを抜擢することを発表したが、その直後にテストで負傷。代役を起用しないことを決断した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. 46年の歴史を誇るヤングマシン編集部では、お宝写真が発掘されることもしばしば。この度出土した…
  3. ※画像は公式サイトのスクリーンショット ホンダは、FIM※ロードレース世界選手権(MotoGP…
  4. 2018年6月、国内で正式発表されたばかりのスーパーカブC125に試乗する機会を得た。量産直…
ページ上部へ戻る