シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:第2戦インドネシア大会で日本勢がトップ4を独占

アジア地域におけるヤングライダーの発掘と育成を目的に、今年から開催されるワンメイクレース、『シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ』の2戦目がインドネシアのセントゥールで開催され、鳥羽が初優勝。水野、伊達が続き、開幕戦に続いて日本勢が表彰台を独占。佐々木が4位、国峰が6位、北見と関野が7位と8位に入り、トップ10に7人が進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る