シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:第2戦インドネシア大会で日本勢がトップ4を独占

アジア地域におけるヤングライダーの発掘と育成を目的に、今年から開催されるワンメイクレース、『シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ』の2戦目がインドネシアのセントゥールで開催され、鳥羽が初優勝。水野、伊達が続き、開幕戦に続いて日本勢が表彰台を独占。佐々木が4位、国峰が6位、北見と関野が7位と8位に入り、トップ10に7人が進出した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る