EUヤマハからコンパクトファイター「MT-125」登場!

EUヤマハのサイトにニューモデル「MT-125」が登場した。ベースとなるのは、YZF-Rシリーズの末弟として欧州を中心に多くのファンを持つ海外向けモデル「YZF-R125」。そのプラットフォームにハイエンドなパーツを組み込み、過激なネイキッドスタイルの仕上げたのが「MT-125」である。

エンジンとフレームはYZFと共通ながら、スタイリングはMTファミリーのDNAが息づくストリートファイター風にアレンジ。フルサイズの迫力ある外観が特徴となっている。車体には軽量高剛性なヤマハ伝統のデルタボックス・フレームと、軽量な鋳造アルミ製スイングアーム、そしてモノショック式リヤサスペンションの組み合わせにより、兄弟シリーズにも通ずるスポーティなハンドリングが楽しめるはずだ。

エンジンは水冷4スト単気筒SOHC 125ccを搭載し、最高出力15.0ps/9,000 rpmとクラストップレベルのパワーを発揮。サスペンションはφ41mm倒立フォークとプリロード調整機構付きリンク式モノショックを装備。フロントに大径φ292mmのシングルディスクにブレンボ製2ポットキャリパー、リヤにはφ230mmディスクに対向ピストンキャリパーを採用するなど上位クラスに匹敵するスペックを誇る。なお、前後17インチホイールは、軽量でレーシィなY字型スポークをデザインした専用タイプとしYZFとは差別化している点もポイントだ。また、LEDパネルディスプレイやLEDテールランプが組み込まれたコンパクトなテールまわり、YZF譲りのミッドシップレイアウトマフラーによるマス集中化を図るなど、クラスを超えた本格的なディテールも魅力となっている。

現地価格、発売時期などは未定だが、日本に導入されることになれば、最近人気の「原2」(125cc)クラスでも台風の目となりそうだ。「Don`t be afraid of the dark」と題された超クールなプロモーション動画もぜひ見てみてほしい。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆【新車】EUヤマハ、MT-125を発表

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
  2. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  3. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
  4. 【トライアンフ ストリートツイン】 ディテール&試乗インプレッション 今回はトライアンフ…
ページ上部へ戻る