EUヤマハからコンパクトファイター「MT-125」登場!

EUヤマハのサイトにニューモデル「MT-125」が登場した。ベースとなるのは、YZF-Rシリーズの末弟として欧州を中心に多くのファンを持つ海外向けモデル「YZF-R125」。そのプラットフォームにハイエンドなパーツを組み込み、過激なネイキッドスタイルの仕上げたのが「MT-125」である。

エンジンとフレームはYZFと共通ながら、スタイリングはMTファミリーのDNAが息づくストリートファイター風にアレンジ。フルサイズの迫力ある外観が特徴となっている。車体には軽量高剛性なヤマハ伝統のデルタボックス・フレームと、軽量な鋳造アルミ製スイングアーム、そしてモノショック式リヤサスペンションの組み合わせにより、兄弟シリーズにも通ずるスポーティなハンドリングが楽しめるはずだ。

エンジンは水冷4スト単気筒SOHC 125ccを搭載し、最高出力15.0ps/9,000 rpmとクラストップレベルのパワーを発揮。サスペンションはφ41mm倒立フォークとプリロード調整機構付きリンク式モノショックを装備。フロントに大径φ292mmのシングルディスクにブレンボ製2ポットキャリパー、リヤにはφ230mmディスクに対向ピストンキャリパーを採用するなど上位クラスに匹敵するスペックを誇る。なお、前後17インチホイールは、軽量でレーシィなY字型スポークをデザインした専用タイプとしYZFとは差別化している点もポイントだ。また、LEDパネルディスプレイやLEDテールランプが組み込まれたコンパクトなテールまわり、YZF譲りのミッドシップレイアウトマフラーによるマス集中化を図るなど、クラスを超えた本格的なディテールも魅力となっている。

現地価格、発売時期などは未定だが、日本に導入されることになれば、最近人気の「原2」(125cc)クラスでも台風の目となりそうだ。「Don`t be afraid of the dark」と題された超クールなプロモーション動画もぜひ見てみてほしい。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆【新車】EUヤマハ、MT-125を発表

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る