[YAMAHA]MXGP Rd.6 ファン・フォルベークがサンドコースで快走、5戦連続ポディウムフィニッシュ

■大会名称:2014年第6戦オランダGP
■カテゴリ:MXGP/MX2
■開催日:2014年5月4日

第6戦オランダ・グランプリの舞台となるファルケンスワルトの典型的なラフでバンピーなサンドコースは、FIMモトクロス世界選手権を戦うライダーに特別なスキルを要求する。ここでYamaha Factory RacingのJ・ファン・フォルベークが見事な対応を見せて2位入賞を果たし、5戦連続のポディウムフィニッシュを決めた。

アイントホーフェンの南からわずかの距離にあり、ベルギー国境にも近いこの日のグランプリ会場は穏やかな陽気と晴天に恵まれ、27,000人の観客がつめかけた。ファン・フォルベークは、メイデーの休日となった木曜日に開催されたベルギー選手権で転倒。打撲をかばいつつ、サーキット入りしていたが、タイムドプラクティスで最速ラップタイムをマークするという好調ぶり。チームもYZ450FMのサンドコース向けセッティングの詰めとスタートの速さを高めるための作業を行い土曜日の予選ヒートでは力走して2位に入った。

第1ヒート、ファン・フォルベークはA・カイローリ(KTM)とG・ポラン(カワサキ)に続く3番手で周回を重ね、カイローリのフロントホイールにトラブルが発生したところでこれをかわして2位に上がり、そのままゴール。第2ヒートではカイローリに続く2位を走行中、背後からK・ストライボス(スズキ)の追撃を受け、若干のミスを冒したことからストライボスの先行を許したが、3位を獲得、総合成績では2位とし、これまでに参加した12レース中8回目のトップ3フィニッシュを決めた。

この結果、ファン・フォルベークはシーズンの3分の1を終えたMXGP選手権ランキングで3位C・ドゥサルと6ポイント、1位のカイローリとは31ポイント差の2位につけている。

DP19 Yamaha racingのD・フィリッパーツは総合14位。元世界チャンピオンのフィリッパーツはウエットコンディションとなったブルガリア・グランプリの後、インフルエンザに感染して週の半分をベッドから起きられない状態が続いたこともあり慎重にライディング。両ヒートをそれぞれ14位でフィニッシュした。

Bike it Yamaha CosworthのR・ゴンサルビスはサンドコースでの適切なフィーリングを得るためのサスペンション・セッティングに手こずり、総合20位となった。第1ヒートは、序盤で軽いアクシデントに見舞われて一時最後尾まで後退したが21位。第2ヒートではサスペンションに進歩が見られ13位でフィニッシュした。

タラベラ・デ・ラ・レイナで開催される次回のスペイン・グランプリは全17戦で争われる2014年の選手権第7戦。当初は8月半ばにウクライナ・グランプリが予定されていたが、スケジュールから外された。タラベラは2011年以来となるスペインでのFIMモトクロス世界選手権開催の地となる。

MX2:アンスティが第1ヒートで6位
MX2クラスでは、M・アンスティが速さを示した。アンスティは、ヤマハ勢で最高のパフォーマンスを示し、第1ヒートでは5人のライダーによるトップ争いに加わり、第3戦ブラジル・グランプリ以来の入賞圏内となる6位でフィニッシュした。アスティは第2ヒートでは転倒を喫してクラッチを痛め、リタイアを余儀なくされた。

2週間前に母国で開催されたグランプリで感動的なパフォーマンスを見せたKemea Yamaha Racing のP・ペトロフが、YZ250Fに乗って素晴らしいラップタイムを記録した。しかし両ヒートともに不運に見舞われ、さらに疲労にも襲われる。第1ヒートは、第2コーナーでの多重事故に巻き込まれて転倒を喫して大きく後退。再走して追い上げ、15位。第2ヒートでも第4ターンで同様のアクシデントに遭遇したペトロフは、再び後方からの追い上げを強いられ、14位でフィニッシュした。

L・スタイクはFIMモトクロス世界選手権の前半戦終了を間近にしてサンドコースで行われるグランプリを初めて戦った。スタイクは第1ヒートでの17位がベストで、総合19位となった。

来週、タラベラ・デ・ラ・レイナで開催されるスペイン・グランプリでは、第2戦タイGPで骨折した脚が治り、GP復帰に向けてトレーニングを積んできたYamaha Factory RacingのC・シャルリエが復帰する予定。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る