[YAMAHA]ロッシが強さを維持して2位獲得

■大会名称:MotoGP第4戦スペインGP
■開催日:2014年5月4日(日)決勝結果
■開催地:ヘレス/スペイン(4.423km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:28度 ■路面温度:50度
■PP:M・マルケス(1分38秒120/ホンダ)
■FL:M・マルケス(1分39秒841/ホンダ)

モビスター・ヤマハ・MotoGPのV・ロッシが、スペイン南部にあるヘレス・サーキットで行われた第4戦で2位を獲得、今季2度目の表彰台に上った。路面温度が50度に達する暑さのなかで、117,000人もの観客がその雄姿を目に焼き付けた。

グリッド4位の位置から好スタートを切り、第1コーナーで3位。さらに素早く2位に上がると、トップのM・マルケス(ホンダ)を追っていった。その後2台は限界ぎりぎりまで攻め合い、何度も順位を入れ替える激しい首位争いを展開。しばらくするとバトルが落ち着き、マルケスがリードしてロッシがそのすぐ後ろをついていく格好となった。終盤になって後方からD・ペドロサ(ホンダ)が追い上げてきたが、ロッシはこれを抑えきり2位でチェッカーを受けた。

ロッシのチームメイトのJ・ロレンソは200回目のグランプリ出場。予選は2位を獲得してフロントロウに並んでいたが、スタートでやや出遅れて5位へ後退。しかしすぐに挽回して3位に上がり、ロッシの後ろにつけて上位争いに加わった。残り16ラップまでロッシにコンマ5秒差でついていたが、その後グリップが急激に低下してその差が拡大。残り6ラップではペドロサの追撃を抑えきれなくなり4位に後退した。

シリーズポイントでは、ロッシが合計61ポイントでランキング3位をキープ。2位のペドロサを11ポイント差で追っている。ロレンソは合計35ポイント。ランキングをふたつ上げて5位とした。4位のA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)との差は10ポイント。

モンスター・ヤマハ・テック3のB・スミスとP・エスパルガロは、それぞれ8位と9位。ふたりがそろって10位以内に入るのは今季3度目。

路面温度50度という厳しいコンディションのなか、スミスは第2戦のベスト・リザルトを再現すべく5位争いに挑んだ。グリッド9位から絶好のスタートを決めたスミスは、第1コーナーまでに一気に5台をパス。しかし周回が進むにつれて少しずつ後退し、最終的には8位まで下がってしまった。ラストラップでは集団の最後尾に追いついて再びアタックしたが、わずかに届かずそのままの順位でチェッカーを受けた。

一方のエスパルガロは、タイヤ・コントロールで貴重な経験。リアに硬めのコンパウンドをチョイスし、オープニング・ラップを11位で終えたあと順調にペースアップ。コンスタントに1分41秒台をキープしながら前方のライダーとの距離を縮め、18ラップ目でついにS・ブラドルをパスすることに成功した。さらにスミスに追いつこうと全力を尽くしたが、その時点ですでに大きな差ができていたため詰め切れないままチェッカーとなった。

NGMフォワード・レーシングのA・エスパルガロがオープンカテゴリーでトップ、総合で7位獲得と健闘した。チームメイトのC・エドワーズは燃料関係の不具合でリタイアした。

エスパルガロはグリッド2列目からスタート。8位から6位へと順位を上げ、その後はドゥカティ・ファクトリーのドビツィオーゾと5位争いを展開。リズムに勝るエスパルガロがブレーキングで何度か前へ出たが、そのたびにストレートで抜き返された。そして、ドビツィオーゾ、バウティスタらとそのまま5位争いを展開し最終的には7位でゴール。これによってシリーズポイントを30ポイントに伸ばしてランキング7位。

一方のエドワーズはグリッド4列目から絶好のスタート。しかし第1コーナーで他のライダーに接触されてポジションダウンを強いられた。懸命に挽回を試みたが、コーナー出口ではらむなど苦しい展開。マシンにも不具合があり、厳しい状況を耐えながら残り1ラップまで15位をキープしていたが、燃料関係の問題でリタイアを余儀なくされた。

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る