[SUZUKI]MXGP Rd.6 ケビン・ストライボスが第2レース2位、総合3位のポディウム獲得でポイントランキングも浮上

オランダのバルケンスワードで開催された2014FIMモトクロス世界選手権シリーズ第6戦、ロックスターエナジースズキでワークスマシンRM-Z450を駆るケビン・ストライボスが第2レースに2位となる活躍で総合3位を獲得した。

決勝日は快晴に恵まれ、サンド路面で名高いバルケンスワードの会場には2万7000人の観客が詰めかけた。ベルギーのロンメルに拠点を置くロックスターエナジースズキにとって、このコースは慣れ親しんだホームコースの一つとも言える会場。ヨーロッパ特有のドライサンドは、独特のギャップや固い路面があると同時に、決勝日の午後にはさらにバームやわだちが増えて益々テクニカルなものとなった。チームと両ライダーはこれらの路面変化を予測しながら、公式練習日、予選日、そして決勝日と慎重にマシンセッティングをおこなった。

決勝第1レースでは6位となったストライボスは、ゴール後にマシンセッティングを変更して第2レースに臨んだ。結果、J・ファン・フォルベーク(ヤマハ)との激しい2位争いを展開し、ラスト2ラップで勝負に出たストライボスが2番手を確保、そのままフィニッシュした。これによりストライボスは総合3位を獲得、今シーズン2度目となるポディウム登壇を果した。

一方チームメイトのクレメン・デサールは、サンド路面を巧みに攻略しながらも、第1レースはE・ボブリシェフ(ホンダ)の後方から追い上げるとラスト2ラップでボブリシェフをパスし4位フィニッシュ、第2レースも単独4位で、ポディウムにあと一歩の総合4位となった。

第6戦終了時点のポイントランキングは、230ポイントのデサールがファン・フォルベークに6ポイントの僅差でランキング3位につけている。ストライボスは182ポイントでランキング5位に浮上。ランキング4位のG・ポーリン(カワサキ)には23ポイントの差があるが、今大会の第2レースで転倒したポーリンは鎖骨骨折に見舞われている。

第7戦は5月11日、スペインのマドリード南部にあるタラベラ・デ・ラ・レイナのセロネグロサーキットで開催。ロックスターエナジースズキも次戦に向け速やかに準備を進める。

クレメン・デサール
第1レース/4位 第2レース/4位 総合4位
「土曜日から本調子ではなかったので、決勝総合4位は決して悪くはない。いつもなら決勝日はポディウムを目指してもっと乗れているはずで、今日はケビンがポディウムに上がったし、自分は総合4位でも仕方がない。第1レースはボブリシェフとからんだが、最初の2つのターンで上手くかわして5番手につけた。その後も諦めずに粘って、最後にボブリシェフをかわして4番手に上がったので良かった。第2レースはケビンがとても速くて離され、4番手のまま淡々と走った感じだった。」

ケビン・ストライボス
第1レース/6位 第2レース/2位 総合3位
「満足のいく結果を出すことができて嬉しい。第1レースはマシンの状態が今ひとつの感触だった。この数週間に進めてきたセットアップがどうも合っていないようだったので、第2レースの前にセッティングを以前のものに戻してみたら、格段に良くなった。腕上がりの心配もなく、第2レースは思いきり攻めて2位という好結果が出たので良かった。完璧な状態にはまだ課題も残るが、しっかり取り組みたい。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  2. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
  3. 采女華さんによるタイヤ点検イベント開催! バイク用品専門店の「2りんかん」は、12月17日…
  4. ホンダが、社内向け情報を紹介する「HondaTV Web」で、「東京モーターショー Hond…
ページ上部へ戻る