MotoGP ブリヂストンタイヤが難易度の高いヘレスに対応

ヨーロッパラウンドの緒戦となったヘレスに、タイヤサプライヤーのブリヂストンは、リア用に昨年までの左右対称から左右非対称のコンパウンドを供給。フロントは今大会からタイヤのアロケーションを変更して、3つ目の選択肢を準備。路面温度が50度に達した厳しい条件下で、供給したタイヤが良好に作動した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る