MotoGP ブリヂストンタイヤが難易度の高いヘレスに対応

ヨーロッパラウンドの緒戦となったヘレスに、タイヤサプライヤーのブリヂストンは、リア用に昨年までの左右対称から左右非対称のコンパウンドを供給。フロントは今大会からタイヤのアロケーションを変更して、3つ目の選択肢を準備。路面温度が50度に達した厳しい条件下で、供給したタイヤが良好に作動した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GSX-Rに高性能なエントリーモデルが登場 スズキは、軽量で高性能なスーパースポーツバイク…
  2. カフェレーサースタイルの個性的な外観 スズキは、現代の最新技術を用いたエンジンや車体に、伝…
  3. 1月20日、ダカールラリー第40回大会の最終ステージがアルゼンチンで開催された。 …
  4. DEAN & DELUCA が他企業と展開する世界初のショップ ビー・エム・ダブリューと、…
ページ上部へ戻る