MotoGP ブリヂストンタイヤが難易度の高いヘレスに対応

ヨーロッパラウンドの緒戦となったヘレスに、タイヤサプライヤーのブリヂストンは、リア用に昨年までの左右対称から左右非対称のコンパウンドを供給。フロントは今大会からタイヤのアロケーションを変更して、3つ目の選択肢を準備。路面温度が50度に達した厳しい条件下で、供給したタイヤが良好に作動した。

関連記事

編集部おすすめ

  1. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 年末までの期間限定ビッグチャンス BMW Motor…
  2. 【トライアンフ ストリートスクランブラー】 ディテール&試乗インプレッション ストリート…
  3. 高品質なアフターマーケットマフラーメーカーとして知られているケイ・ファクトリーがリリースした…
  4. 長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を…
ページ上部へ戻る