[HONDA]MotoGP Rd.4 マルケスが4戦連続ポール・トゥ・ウイン ペドロサも4戦連続で表彰台登壇

2014年5月4日(日)・決勝  会場:ヘレスサーキット  天候:晴れ 気温:28℃  コースコンディション:ドライ
観客:11万7001人(3日間:22万9416人)

連日、青空が広がった第4戦スペインGPの決勝は、開幕以来ポールポジション(PP)を獲得し続けるマルク・マルケス(Repsol Honda Team)が好スタートから快調にラップを刻み、開幕から4戦連続となるポール・トゥ・ウインを達成しました。マルケスは、オープニングラップにバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)に先行を許しますが、すぐに逆転。2周目の1コーナーでオーバーランを喫し、ロッシに再び先行されますが、すぐに逆転すると、そこからは安定したペースで後続を引き離しました。今大会でロードレース世界選手権100戦目を迎えたマルケス。その記念すべき大会で、自身初となるスペインGPを制覇し、喜びを爆発させました。

マルケスのチームメートであるダニ・ペドロサは3位に入り、開幕から4戦連続表彰台となりました。予選3番手からまずまずのスタートを切ったペドロサは、先行するマルケスと2番手を走るロッシの後方で、ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)と3番手争いを繰り広げました。そして、終盤の21周目にロレンソをパスすると、2番手を走るロッシの背後まで迫るすばらしい追い上げをみせました。2年連続でのスペインGP制覇とはなりませんでしたが、最高峰クラスでは、2006年から9年連続でスペインGPの表彰台に立ちました。
予選10番手から決勝に挑んだアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)は、セカンドグループでし烈な5番手争いを繰り広げて6位。中盤までセカンドグループで健闘したステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)は、終盤にペースを上げられず、10位でフィニッシュしました。
Hondaの市販レーサー「RCV1000R」で出場のニッキー・ヘイデン(Drive M7 Aspar)が11位。青山博一(Drive M7 Aspar)が12位。スコット・レディング(GO & FUN Honda Gresini)が13位でフィニッシュしました。序盤に転倒を喫したカレル・アブラハム(Cardion AB Motoracing)は、再スタートしましたが、ブレーキに問題を抱えたためピットに戻り、リタイアとなりました。
Moto2クラスは、今季初PPから好スタートを切ったミカ・カリオ(Marc VDS Racing Team)が快調にラップを刻み、独走で優勝しました。2位はドミニク・エージャーター(Technomag carXpert)で、2戦ぶり、今季2度目の表彰台を獲得。ジョナス・フォルガー(AGR Team)が3位に入り、初の表彰台を獲得しました。総合トップで予選6番手のエステべ・ラバト(Marc VDS Racing Team)が4位で、以下、マーベリック・ビニャーレス(Pons HP 40)、ルイス・サロム(Pons HP 40)と続きました。
予選13番手から決勝に挑んだ中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は、11番手を走行していた最終ラップに転倒してリタイア。予選29番手から決勝に挑んだ長島哲太(Teluru Team JiR Webike)は22位でチェッカーを受けました。
Moto3クラスは、6台のし烈な優勝争いとなり、エフレン・バスケス(SaxoPrint-RTG)が2位。アレックス・リンス(Estrella Galicia 0,0)が3位でフィニッシュしました。今大会は、最終ラップまで激しい戦いとなり、優勝したロマノ・フェナティ(KTM)とバスケス、そしてリンスによる最終ラップでのバトルは、サーキットに集まった11万7000人のファンを喜ばせました。

コメント
マルク・マルケス(MotoGP 優勝)

「今日はいいスタートを切ることができました。しかし、1コーナーでバレンティーノ(ロッシ)選手が僕を抜こうとしているのが見えました。バレンティーノ選手の作戦は、レースをコントロールしてペースダウンさせようというものだったのでしょう。しかし、彼の後ろを走っていて、自分はもう少し速く走れることが分かったので、できるだけ早くバレンティーノ選手を抜くことにしました。しかし、あれほどギャップが開くとは思っていなかったですし、とても驚きました。今の自分はとても調子がいいです。しかし、ダニもバレンティーノ選手もホルヘ(ロレンソ)選手も、プラクティスでもレースでも、100%の走りをしていることが分かります。今は勝てていますが、いつまでも勝ち続けることはできません。でも、そこから学ぶことは多いですし、少しでも多くのポイントを取れるようにがんばります」

ダニ・ペドロサ(MotoGP 3位)
「今日はとても難しいレースでした。オープニングラップからフロントタイヤに問題があったのですが、できる限りなんとかしようといろいろなことを試しました。マルクが逃げの態勢に入ったことが分かりましたが、今日はなにもできませんでした。今日は彼のレースでした。しかし、ヤマハの2人にずっとついていくことができましたし、終盤にはアタックもできました。ロレンソ選手を抜くことはできましたが、ロッシ選手を抜くにはあと2つか3つのコーナーが必要でした。しかし、ベストを尽くしての3位ですし、明日のテストでは、マルケスに近づけるようにがんばります。次のレースも全力で挑みます」

アルバロ・バウティスタ(MotoGP 6位)
「厳しいレースウイークになりましたが、決勝はそれほど悪くありませんでした。チームはすばらしい仕事をしてくれました。しかし、最後までベストなセッティングにはならなかったため、厳しいレースになることは分かっていました。スタートしてすぐにフロントのグリップ不足と格闘しなければならず、そのため、ペースをキープすることにしました。その後、フィーリングがよくなり、前を走るライダーたちをパスすることができました。(アンドレア)ドヴィツィオーゾ選手(ドゥカティ)との最終ラップのバトルはなかなかおもしろかったですし、ドヴィツィオーゾ選手におめでとうと言いたいです。今日は無理をせず、フィニッシュすることを優先させました。今年になって初の完走なので、とてもうれしいです」

ステファン・ブラドル(MotoGP 10位)
「とても残念なレースでした。今日はスタートから数ラップで、右腕が腕上がりのような状態になり、ちゃんと走ることができませんでした。このコースは体力的な負荷が大きく、今日のような状態では、ブレーキングからコーナーの脱出まで、正常な走りができませんでした。予想していなかった問題のために、力を出しきることなくレースが終わりました。トップグループで戦えるペースがあったと思いますし、とても残念です。2012年11月に腕上がりの手術を受けていますが、もう一度、チェックしてもらわなければなりません」

ニッキー・ヘイデン(MotoGP 11位)
「データで見る限り、このサーキットは僕たちのマシンに合っているはずでした。トップスピードの差もあまりなく、最初の2周は、セカンドグループにいるブラドル選手についていくことができました。でも2周目の4コーナーでミスをしてしまい、逃がしてしまいました。あれは残念でした。ファクトリーライダーを抜いていたらナイスだったのに、と残念に思います。ペースもパフォーマンスも、今日は僕たちのベストを出せたと思います。今日はソフトタイヤを使ったのですが、とてもいいパフォーマンスでした。レースディスタンスを考えると、タイヤが持つかどうか分からなかったですし、少しリスキーでしたが、ブリヂストンには感謝しています。安全を考えると、彼らは僕たちに、あのタイヤを使わせない選択肢もあったと思います。タイヤの性能は最後まで安定していましたし、ライディングを楽しむことができました。今日の結果には満足しています」

青山博一(MotoGP 12位)
「今日はタイヤのチョイスに悩んだのですが、最終的に前後ともソフトでいくことにしました。しかし、序盤にタイヤがうまく機能せず、その間にタイヤを使いすぎてしまいました。7周目くらいからはリズムもよくなり、だんだんペースも上がりました。今回は金曜日に転倒し、そのための修理で、スタッフには夜遅くまで仕事をさせてしまったので、最後まで走りきれてよかったです。スタッフには、とても感謝しています。今日は路面温度が上がり、タイヤ的には厳しいレースでした。単独になったときのペースはよかったのですが、競り合いになるとそのペースで走れませんでした。悔しい12位ですが、これからのことを考えるとポジティブな12位だったので、明日のテストでこの課題に取り組みたいと思います」

スコット・レディング(MotoGP 13位)
「レースウイークを通じて最もいい一日でした。フリー走行も予選も15番手以内に入れなかったにもかかわらず、今日は13位でフィニッシュできました。レース序盤は、(カル)クラッチロー選手(ドゥカティ)との激しいバトルになりました。彼はトラブルを抱えているように見えました。しかし、なかなか抜くことができず、やっと抜けると思ったときにフロントから転びそうになりました。それからはタイヤのパフォーマンスが落ちて、リアのスピニングもひどくなりました。しかし、それからリズムは悪くなかったですし、最後まで走りきることができました。全体的にはとてもいいレースだったと思います」

カレル・アブラハム(MotoGP リタイア)
「今日はレース序盤から、フロントタイヤのグリップに若干の問題を抱えていました。しかし、タイヤよりも問題だったのはフロントブレーキで、2ラップを終えた段階で制動力を失い始め、1コーナーで転倒してしまいました。その後、再スタートを切りましたが、ブレーキの問題は解消せず、リタイアすることを決めました。今日は青山選手やレディング選手と同じペースで走れていたので本当に残念です」

ミカ・カリオ(Moto2 優勝)
「レース前、明確に作戦を立てました。タイヤの状態がいい最初の5周を全力で走り、あとはタイヤをうまく温存しつつ、ギャップを維持することでした。作戦は見事に成功しました。しかし、ずっと限界で走り続けなければならなかったですし、見た目よりも厳しいレースでした。2番手との差が常に1秒ぐらいで、エージャーター選手が僕に追いつこうとしてかなりプッシュしていたために、それ以上引き離すことができませんでした。今日はミスもなくいいレースができたことで、ライダーとしての自信がつきました。今日はチームにビッグサンキューを言いたいです。彼らはこのヘレスで、すばらしい仕事をしてくれました」

ドミニク・エージャーター(Moto2 2位)
「とても難しいレースでした。2周目か3周目にミスをしてしまい、そのミスでミカ選手にリードを許してしまいました。その後、全力でプッシュしましたが、ミカ選手との差は開く一方でした。今日は2位でしたが、Moto2でのベストリザルトを残せたので、とても満足しています」

ジョナス・フォルガー(Moto2 3位)
「これまで経験した中で最も厳しいレースでした。限界までプッシュしました。今年はMoto2クラスのデビューシーズンですが、いい走りをみてもらえたと思います。今日はフィーリングがよく、タイヤの状態もよかったため、トップグループで戦うことができました。ラバト選手がすぐそばにいて、ちょっとしたミスでも抜かれそうだったので、とてもナーバスになっていました。表彰台に立てて本当にうれしいです」

長島哲太(Moto2 22位)
「グランプリに来て初めてレースを戦うことができました。スタートも悪くなかったですし、(ハフィズ)シャーリン選手(Petrnas Raceline Malaysia)や、ほかの何人かとバトルができました。しかし、そのバトルのせいでなかなかペースが上げられず、前のグループに離されてしまいました。全体的にはタイムは悪くなかったですし、この4戦の中でも一番よいレースができたと思います。終盤、ヘアピンでフロントを滑らせてシャーリン選手に後れたのが残念です。ちょっと悔しいレースになりました」

中上貴晶(Moto2 リタイア)
「全体的に厳しい週末になりました。決勝は序盤からペースが上げられず、苦しい走りになりました。しかし、10周目からリズムがよくなり、11番手までポジションを上げることができました。そしてレース終盤、(トーマス)ルティ選手(Interwetten Paddock Moto2)に追いついたので、抜こうと思ったのですが、フロントから転んでしまいました。再スタートしましたが、最初の転倒でリアタイヤがパンクしていたようで、そのため2度目の転倒を喫してしまいました」

エフレン・バスケス(Moto3 2位)
「アルゼンチンでは表彰台に立てなかったので、今日の結果にはとても満足しています。今日はスタートもよく、ラップごとにプッシュできました。長いレースでしたが、勝つためにタイヤをキープする作戦を選択しました。最終ラップは最高でした。何度か勝つチャンスがあったと思います。勝つために全力を尽くし、2位になることができました。とてもうれしいです」

アレックス・リンス(Moto3 3位)
「大勢のファンがいるこのヘレスで、3位になれてとてもうれしいです。シーズン開始から考えるとすばらしい結果でした。難しいレースでした。同時に楽しいレースでした。(ロマノ)フェナティ選手(KTM)、バスケス選手といいバトルができました。彼らは僕よりも少しいいポジションで最終コーナーから出ました。その前の数周で、2人のラインを見ましたが、追い抜くのは不可能でした。最後にリスクを承知でブレーキングで挑戦しましたが、バスケス選手に抜かれるのは分かっていました」

アレックス・マルケス(Moto3 7位)
「ホームレースで7位というのは、目指していた目標とは大きく違いますし、とても残念でした。トップグループに追いつくために、できる限りのことをしましたが、トラブルがあって無理でした。トラブルは、チームやHondaの問題ではありません。今後のレースではきっと改善されると確信していますので、もう一度モチベーションを高めてフランスに向かいます。そして、全力を尽くしたいです」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る