ヤマハEV2輪、ついに市販化か!?

ヤマハがスポーツタイプのEV2輪「PES1」と「PED1」を市販化する方向である、と「WIRED」が伝えている。米国・シリコンバレー発の電気自動車メーカー、テスラモーターズを引き合いに出し「EVがセクシーになりうることを証明した。ヤマハは、EV二輪もセクシーになりうることを示そうとしている」とのこと。ヤマハから正式なアナウンスは未だないので情報ソースなどは明らかではないが、2013年秋に開催された東京モーターショーでのコンセプト展示からは一歩進んで、「将来の商品化を視野に」入れて開発を進めていることは想像できる。

ヤマハのEV2輪のコンセプトモデルとして、東京モーターショー2013で発表された「PES1」と「PED1」は、「電動ならではの特性に加え、既存のモーターサイクルファンにも違和感のない操作感と、Passionを感じる新感覚の走りを実現するEV二輪のコンセプトモデルです。Streetスポーツの「PES1」と、Dirtスポーツの「PED1」は、フレームを兼ねるモノコック構造のパワーユニット(ヤマハ・スマートパワー・モジュール)を共有し、EV特有の環境性能に加え、AT/MTモードの切り替えや簡単に交換可能な着脱式バッテリー、スマートフォンを活用した各種情報サービス機能などを備えています(ヤマハのリリースより)」が特徴だ。重量は「PES1」100kg以下、「PED1」にいたっては85kg以下ということで、非常に軽量コンパクトな造りとなっていることもEVならではのメリットだ。

ヤマハが作成したプロモーション動画では、独特のモーター音とともにサーキットを疾走する姿が見られる。加速感もなかなかのもので、S字の切り返しで軽快なハンドリングを見せつけるなど完成度は高そうだ。

数年前、日本でも各メーカーから電動スクーターが一斉にデビューしたが、どれも成功しているとは言い難い。“電動=簡易なスクーター”、というステレオタイプから脱却した、本格的なEVスポーツバイクの出現を皆が待っている。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆ヤマハ、「セクシー」な電動バイクを市販化へ

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る