ヤマハEV2輪、ついに市販化か!?

ヤマハがスポーツタイプのEV2輪「PES1」と「PED1」を市販化する方向である、と「WIRED」が伝えている。米国・シリコンバレー発の電気自動車メーカー、テスラモーターズを引き合いに出し「EVがセクシーになりうることを証明した。ヤマハは、EV二輪もセクシーになりうることを示そうとしている」とのこと。ヤマハから正式なアナウンスは未だないので情報ソースなどは明らかではないが、2013年秋に開催された東京モーターショーでのコンセプト展示からは一歩進んで、「将来の商品化を視野に」入れて開発を進めていることは想像できる。

ヤマハのEV2輪のコンセプトモデルとして、東京モーターショー2013で発表された「PES1」と「PED1」は、「電動ならではの特性に加え、既存のモーターサイクルファンにも違和感のない操作感と、Passionを感じる新感覚の走りを実現するEV二輪のコンセプトモデルです。Streetスポーツの「PES1」と、Dirtスポーツの「PED1」は、フレームを兼ねるモノコック構造のパワーユニット(ヤマハ・スマートパワー・モジュール)を共有し、EV特有の環境性能に加え、AT/MTモードの切り替えや簡単に交換可能な着脱式バッテリー、スマートフォンを活用した各種情報サービス機能などを備えています(ヤマハのリリースより)」が特徴だ。重量は「PES1」100kg以下、「PED1」にいたっては85kg以下ということで、非常に軽量コンパクトな造りとなっていることもEVならではのメリットだ。

ヤマハが作成したプロモーション動画では、独特のモーター音とともにサーキットを疾走する姿が見られる。加速感もなかなかのもので、S字の切り返しで軽快なハンドリングを見せつけるなど完成度は高そうだ。

数年前、日本でも各メーカーから電動スクーターが一斉にデビューしたが、どれも成功しているとは言い難い。“電動=簡易なスクーター”、というステレオタイプから脱却した、本格的なEVスポーツバイクの出現を皆が待っている。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

【関連ニュース】
◆ヤマハ、「セクシー」な電動バイクを市販化へ

ケニー佐川

ケニー佐川 Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 無駄を削ぎ落としたスタイリング&専用設定されたサイレンサー構造 ヨシムラからGSX-R12…
  2. ヤマハ発動機と、東南アジア配車サービス最大手のGrabは、インドネシアを中心とした東南アジア…
  3. ※画像は国交省報道発表資料のスクリーンショット この冬はカード集めに熱くなろう! 国土交通省…
  4. アネスト岩田ターンパイク箱根と伊豆スカイラインは、2019年2月10日(土)から3月10日(…
ページ上部へ戻る