オバマさんもビビった!

今週はオバマ大統領が来日し、都内のあちこちで検問や交通規制が敷かれたり、と不便な思いをした人も多いことと思います。米国大統領としては20年ぶりの国賓としての来日ということで、厳重警備も致し方ないことでしょう。何しろ、世界で最も有名かつ力を持った人物です。

そのオバマさんを怖れさせた人物?がいます。ホンダのASIMOです。日本科学未来館を訪れたオバマさんに英語で話しかけたり、飛んだり跳ねたりしながら大統領とサッカーに興じる姿がニュースでも紹介されていました。オバマ大統領は驚いた様子で、「アシモのサッカーの技術は「かなりのものだ」と称賛し、「ロボットはまるで生きているようで、ちょっと怖かった」ともらしたそうです。

最新型のASIMOは自律性がさらに高まり、人の操作を介在せずに連続して動き続けることが可能になったとか。知能面、身体面ともに状況適応能力が格段に向上して、人を避けて歩いたり、水筒のふたを開けて紙コップに水を注ぐこともできます。楽々と片足ケンケンしたと思ったら最高時速9?/hで走ったり、とますます高性能化しています。腰を落とした独特のフォームで、オバマさんに向かって猛烈ダッシュする姿はややコミカルでもありちょっと奇抜。たしかに大統領を怖がらせるのに十分だったかもしれませんね(笑)。

先日、ホンダの技術者と話す機会があったのですが、ASIMOの姿勢制御技術はいずれ、モーターサイクルにも応用されるかもしれないとのことでした。いつの日か、立ちゴケ無用の自立型バイクや、ライダーとのおしゃべりもこなせる賢いバイクが登場するかも、ですね。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

画像出典元:HONDA

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る