[MFJ]JRR Rd.2 JSB1000 決勝 高橋巧、久々に表彰台の頂点に立つ!

第2戦オートポリスJSB1000決勝レース

メインレースのJSB1000、津田拓也がホールショットを奪い、渡辺一樹、加賀山就臣、柳川明と続く。2番手スタートの高橋巧はスタートに失敗し順位を落としてしまう。しかし、2周目には柳川、津田、渡辺、中須賀克行、そして順位を回復してきた高橋も一列となってトップ集団を形作る。2秒ほど後方には山口辰也がトップ集団と変わらぬペースで追い上げてくる。

4周目あたりで山口もトップ集団の最後尾に加わり、時にはトップよりも速いラップタイムでチャンスを狙う。レース序盤は柳川、津田、渡辺らがトップに入れ替わり立つが、高橋が徐々に順位を上げ、津田、柳川をかわして渡辺のテールに迫る、そして11周目の最終ラップで遂にトップに立った。その後は、渡辺と中須賀が2位争いを繰り広げている間に、周回遅れも巧みに処理しつつ、最後までトップをキープ。今季初優勝を遂げた。終盤を迎えさらに激しくなった2位争いは中須賀に軍配が上がった。

詳しいリザルトはこちら
MFJオンラインマガジン
公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る