[MFJ]JRR Rd.2 J-GP3 決勝 鳥羽海渡、最終ラップに逆転で見事初優勝!

第2戦オートポリス J-GP3決勝レース

日曜日最初の決勝レース、J-GP3クラスのスタートは、大久保光のホールショットで始まった。続くのは山田誓己、鳥羽海渡、岩戸亮介、菊池寛幸ら。2周目に入るところで鳥羽がトップを奪い、山田もそれに続いて順位を上げ、レース序盤は大久保と3台のトップ争いとなる。少し後方では菊池、岩戸、作本輝介、水野涼らが4位争いを展開している。

3台のトップ争いは、レース終盤に向けて互いの様子を伺いつつも激しく順位を争いながら続く。レース終盤、後方の4位争いから抜け出した水野と岩戸がトップ争いに加わる勢いを見せる。12周目以降は、鳥羽、山田、大久保、水野の4台のバトルへと変わり、ストレートではフォーワイドでの激しいブレーキング競争が展開される。13周目に再びトップを奪った山田だったが、最終ラップの1コーナーで鳥羽がトップを奪い返し、そのまま逃げ切って初優勝を飾った。一旦大久保にもかわされた山田だったが、第2ヘアピンで2位を回復し、鳥羽を追うが届かなかった。3位は大久保、4位に水野が入った。

公式リザルト〜MFJ公式サイト

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る