[BRIDGESTONE]JMX Rd.2 IA2 ルーキー大塚豪太が初入賞を果たす。能塚智寛は第2ヒート5位

2014MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会 埼玉トヨペット杯は、埼玉県川越市のウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催された。荒川の河川敷に造られた同コースは、フラットで限られた敷地内に、大小のコンビネーションジャンプやタイトコーナーが連続する、スーパークロス的なテクニカルレイアウトが特徴。

過去幾度となく雨に祟られた関東大会だが、大会期間中はほぼ曇天模様で、予選が行なわれた土曜日にはホコリが舞うシーンもあったため、散水作業を繰り返してコンディションをキープした。今シーズン関東大会はこの1戦限りということもあり、公式発表で8500人のファンが訪れ、コースを取り囲むように人垣を造ってレースを楽しんだ。

■IA2 ヒート1
ルーキー大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)のホールショットでレースがスタート。一方能塚智寛(カワサキ-ブリヂストン)はスタート1コーナー進入で他車に接触されて転倒、最後尾からの追い上げを強いられる。オープニングラップの混戦の中、大塚は7番手でコントロールラインを通過すると、3周目に先行する2台をパスし5番手に浮上。5周目、更にひとつ順位を上げた大塚は前半4番手を走行。混戦の中で激しいバトルを演じた大塚は、中盤一つ順位を落とすも、後半馬場大貴(ホンダ-DL)をパスし再び4番手にポジションアップ。最後までライバルとバトルを繰り広げた大塚は、ラストラップに後続にかわされ6位となるが、このポジションをキープしA級2戦目で初入賞を果たした。一方追い上げの最中に再び転倒を喫した能塚は、後半ようやくペースを取り戻し15位でフィニッシュした。

■IA2 ヒート2
今度は確実にスタートを決めた能塚はオープニングラップ4番手、大塚は7番手でコントロールラインを通過。3周目、能塚、大塚共にひとつ順位を落とすが、大塚は4周目に馬場をパスし再び7番手に順位を上げると、能塚は5番手、大塚はひとつ置いて7番手のポジションをキープ。上位のライダーはタイムにほとんど差がなく、接近戦のまま膠着したバトルは終盤まで続く中、能塚、大塚ともこの膠着状態から抜け出すことは出来ず、中盤に自身のベストタイムをマークした能塚は5位、終盤自己ベストタイムを更新した大塚は7位でフィニッシュ。この結果大塚は総合6位、能塚は総合9位の成績を残した。

■大庭裕史—株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発
今回は散水がタイヤを選択する上での大きなポイントになりましたが、大塚選手、能塚選手が両ヒートともミディアムを使用して粘り強いレースを見せ入賞を果たしてくれました。現在、次戦広島に向けて新しいパターンを開発中で、ぜひともブリヂストン勢の初勝利をアシストしたいと思っています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る