[BRIDGESTONE]JMX Rd.2 IA1 新井宏彰がW表彰台(3-2)で総合2位。星野優位が今季初表彰台獲得!

2014MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会 埼玉トヨペット杯は、埼玉県川越市のウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催された。荒川の河川敷に造られた同コースは、フラットで限られた敷地内に、大小のコンビネーションジャンプやタイトコーナーが連続する、スーパークロス的なテクニカルレイアウトが特徴。

過去幾度となく雨に祟られた関東大会だが、大会期間中はほぼ曇天模様で、予選が行なわれた土曜日にはホコリが舞うシーンもあったため、散水作業を繰り返してコンディションをキープした。今シーズン関東大会はこの1戦限りということもあり、公式発表で8500人のファンが訪れ、コースを取り囲むように人垣を造ってレースを楽しんだ。

コメント
■IA1 ヒート1
小島庸平(スズキ-ブリヂストン)の好スタートでレースが開始されるも、オープニングラップにハイスピードなコンビネーションジャンプでバランスを崩した小島は、激しいクラッシュに見舞われそのままリタイアとなってしまう。代わってオープニングラップをトップで戻って来たのが熱田孝高(スズキ-ブリヂストン)。星野優位(ホンダ-ブリヂストン)、成田 亮(ホンダ-DL)、新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)、小方 誠(ホンダ-DL)、深谷広一(ホンダ-ブリヂストン)がこれに続く。2周目、熱田は成田にトップを奪われ2番手に後退。星野、新井がこれに続き、4周目には星野、新井が熱田と順位を入れ換えて2、3番手に浮上。この2番手争いに小方が加わり、レース中盤には小方が先行。3位争いとなった星野と新井のバトルは新井が先行し、新井は今季初となる3位表彰台を獲得。星野は4位。熱田と三原の5位争いは、熱田が三原を抑え熱田が5位、三原は6位でフィニッシュした。

■IA1 ヒート2
ヒート1の転倒でダメージを残しながら強行出場した小島が、得意のスタートを決めるも、小島はペースを上げることが出来ずオープニングラップは深谷、成田、新井、小島、小方、星野の順でクリア。3周目、深谷は成田の先行を許し2番手に後退。トップ成田を追う2位争いは7周目に新井が深谷の前に出ると、トップ成田との差を徐々に詰め始める。後方では深谷がミスで順位を落とし、星野が3番手にポジションアップ。深谷は5番手に順位を落とし、熱田、三原がこれに続く。レース後半、トップ成田との差を2秒台まで詰めた新井だったが、懸命の追い上げも逆転にはあと一歩及ばず新井は2位でフィニッシュ。星野は新井に続き3位でチェッカーを受け今季初表彰台を獲得。レース後4番手でフィニッシュした小方にショートカットによる1周減算のペナルティが課せられたため、順位が繰り上がり深谷は4位、三原が5位、熱田は6位入賞を果たした。

■新井宏彰—K.R.T.所属
コース上はこのコース特有の硬い部分とウエットな部分があって、勝負を仕掛けるときにはウエットな路面を走行することを想定してミディアムを選択しました。結果、硬いところでも十分粘ってくれて、ウエットの場所でも予定通りグリップしてくれたので、勝負できたし集中して攻めることが出来ました。地元での両ヒート表彰台は、ワイドレンジなタイヤ性能に助けられた結果です。

■大庭裕史—株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発
今回は散水がタイヤを選択する上での大きなポイントになりました。コース上は硬い部分は黒光りしてグリップが取りづらく、反面掘り返して湿った土の部分でもグリップが要求されたため、ほとんどのライダーがリアはミディアムパターンを使用しました。これはスタートからフィニッシュまでネガなく対応出来たと思います。フロントに関してはヒート2の新井選手はミディアム、星野選手はハードを選択しましたが、それぞれの好みで初表彰台をアシストすることが出来ました。現在、次戦広島に向けて新しいパターンを開発中で、ぜひともブリヂストン勢の初勝利をアシストしたいと思っています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る