MotoGP フリー走行1:J.ロレンソが初開催地で1番時計発進

次戦からのヨーロッパラウンドを前に仕切り直すことを誓って、サーキットに乗り込んで来たランク16位のロレンソが最速ラップを刻んで、初開催のトラックで1番時計発進。エスパルガロ兄は、コンマ4秒差の2番手。バウティスタは、コンマ8秒差の3番手。イアンノーネ、スミスが続き、ロッシは10番手。マルケスは14番手。青山は15番手。ペドロサは16番手だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る