MotoGP フリー走行1:J.ロレンソが初開催地で1番時計発進

次戦からのヨーロッパラウンドを前に仕切り直すことを誓って、サーキットに乗り込んで来たランク16位のロレンソが最速ラップを刻んで、初開催のトラックで1番時計発進。エスパルガロ兄は、コンマ4秒差の2番手。バウティスタは、コンマ8秒差の3番手。イアンノーネ、スミスが続き、ロッシは10番手。マルケスは14番手。青山は15番手。ペドロサは16番手だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  2. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
  3. BMWは、同社の扱うBMW Motorradの誕生95周年を記念して、2018年4月に開業…
  4. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
ページ上部へ戻る