[HONDA]MotoGP アジアの旋風 IDEMITSU Honda Team Asiaの挑戦 第7回

第7回着実に準備を積み上げ、飛躍のシーズンへ

活動2年目のシーズンを迎えるIDEMITSU Honda Team Asiaは、新たな体制でスタートを切りました。2014年のラインアップは、昨年後半から参戦しているマレーシア人選手のアズラン・シャー・カマルザマンに加え、Moto2クラス3年目の日本人選手、中上貴晶が合流し、2名の選手でシーズンを戦うことになります。

中上は、1992年生まれの22歳。DORNAが主催するMotoGPアカデミーを経て、2008年からMotoGPの125ccクラスに参戦しました。その後、一時は全日本選手権へスイッチしましたが、2012年からMotoGPへ復帰し、Moto2クラスで戦っています。2013年は3度のポールポジションと5度の表彰台で、クラス有数のトップライダーとして大きな成長を遂げました。

アズランは、昨年第12戦のサンマリノGPからMoto2への参戦を開始し、徐々に世界グランプリの舞台になじみながら、一戦一戦着実な成長を続けました。Moto2と平行して参戦していたアジアロードレース選手権SS600クラスでは、最終戦のカタールでダブルウインを挙げて、堂々のアジアチャンピオンを獲得。名実ともに、アジアを代表するスター選手です。

この両名で挑む2年目のシーズンは、2月のバレンシアサーキットにおけるテストで開始しました。2月11日から13日の3日間のテストを終えると、チームはイベリア半島を南下し、18日から20日までヘレスサーキットで3日間のテストを実施しました。その後、2週間の間隔をおいて3月11日から13日まで、再びMoto2クラスのチームと選手たちがヘレスサーキットに集まり、合同テストを行いました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る