【新車】ベスパ、スポーティなスタイルに扱いやすい150ccエンジンを搭載した「GTS 150 Super」を発売

ピアッジオグループジャパン株式会社(本社:東京都港区三田一丁目、代表取締役:新井 文雄)は、Vespaのニューモデル「GTS 150 Super(メーカー希望小売り価格51万3,000円)」を、5月中旬より発売開始いたします。

本モデルは、GTSシリーズらしいスポーティかつ迫力あるスタイリングと、150ccモデルらしい扱いやすさ、優れた快適性と安全性が高レベルでバランスされています。昨年発表したプレミアムスクーターVespa 946と今春発売を開始したVespa Primaveraに続く新モデルのGTS 150 Superは、男女を問わず活発で自信に溢れるライダーに、Vespaブランドのプレミアム性を訴求するモデルです。

また、発売に合わせ、店頭フェアを5月23日(金)から6月8日(日)に全国のベスパ正規販売店にて開催します。

【GTS 150 Super】
■伝統的なデザイン
独特なスチールモノコックボディの洗練されたデザインは、安全で操作性に優れたVespa全モデルに共通するものですが、GTS Superモデルではよりスポーティなボディラインを採用。軽快なスタイルを実現しました。

ステアリングに装備された丸型ヘッドライトは、Vespa946にもつながるVespaらしいデザインです。Vespa独特の台形デザインのダッシュボードには、アナログスピードメーター、デジタル時計、燃料ゲージに加え、イモビライザLEDが装備されています。フロントフェンダーの「S」、およびリアフェンダーの左右の「Super」のデカールはスポーティな印象で他モデルとの違いを強調し、右リアフェンダーにVespaのクラシックレーサーを彷彿とさせるグリッドを装備しています。

白いパイピングが施された高品質サドルは、ライダーに快適なライディングポジションを確保します。Vespaモデル最大のシート下コンパートメントには、ヘルメットや手回り品を収納できる実用性も備えています。

▼モンテホワイト

▼ドラゴンレッド

▼チタングレー

■最新のエンジン性能
先進技術によってGTS 150 Superのエンジンは高い性能を発揮すると共に、燃費の向上と摩擦の軽減を達成しました。

エンジン:
GTS 150 Superにはイタリア・ポンテデーラ工場で設計された4ストローク単気筒3バルブ(吸気2、排気1)OHC空冷エンジンを搭載。3バルブエンジンは、燃料と空気の混合比率である空燃比を制御する際の最適な構成であり、結果、適度に冷却された燃焼室内で、適切な位置に配置されたスパークプラグが燃焼を行います。また、新しいカムシャフトやロッカーアームに採用されたベアリングは、出力と燃費の向上に大きく貢献しています。燃料噴射装置は電子制御式を採用しパワーと燃費をバランスさせています。

冷却装置:
最新世代のVespaモデルのために開発された空冷システムは、より性能を向上させること、そして機械ノイズと振動を大幅に軽減することを目指しました。

始動装置:
静かで始動性のよいワンウェイクラッチつきフリーホイールを使用した電気式セルフスターターを採用することで、エンジン性能をより向上させました。電子制御乾式クラッチによる低速走行時の燃費向上への貢献と共に、Vespaのために設計された新しいCVTが変速時にエンジン回転および変速スピードを制御して、燃費の向上を実現すると共に、4ストロークエンジンらしい乗りだし時、加速時の快適性を向上させます。

経済性:
3バルブエンジンは優れた燃費性能を発揮します。(50km/h走行時でリッターあたり64km)また、メンテナンスは10,000km毎に延長され、経済性が向上しました。

■安全性と快適性
Vespaモデル最大の12インチホイールには、220mmのディスクブレーキを装着し、大柄な車体に対しても十分な制動力と滑らかな作動を約束し、高い安全性を確保しています。

サイドスタンドには安全装置が設けられ、スタンド使用時のエンジンの誤始動を防ぎます。
フロントサスペンションは伝統の片持ち式で、コイルスプリングと油圧式伸縮抑制ショックアブソーバーが装備されています。また、リアサスペンションはプリロード4段階調整式デュアルアクションツインショックアブソーバーを装備し、乗員の体重に応じて最適な運転安定性を確保します。

■Vespaのスポーティスクーターの歴史
Vespa初のスポーティスクーターであるGran Sport 150(GS150)は、1955年に発表されました。60年を経た現在でも、このモデルはコレクター垂涎のモデルです。そして2005年、VespaはGranturismo Sport (GTS)によって、スポーティスクーターの新しいモデルラインアップを導入しました。2008年にはSuperバージョンが加わり、Vespa GTS Superとして世界中のライダーに愛されています。Vespa GTSのエレガンスとGTS Superに代表される「Super」という伝説的な名称は、過去の洗練されたラインアップとスポーティな精神を受け継ぐモデルの証なのです。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る