[SUZUKI]JMX Rd.2 熱田孝高が総合6位。小島庸平は転倒で窮地に陥るも執念でポイント獲得

IA1熱田孝高が総合6位。小島庸平は転倒で窮地に陥るも執念でポイント獲得。
IA2竹中純矢は両ヒート4位で総合も4位、ランキングは3番手をキープ。

MFJ全日本モトクロス選手権,シリーズ第2戦関東大会は、埼玉県川越市のウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催された。TeamSUZUKIの熱田孝高は今大会総合6位、一方予選トップで決勝に臨んだ小島庸平は、第1ヒートのオープニングラップに激しい転倒を喫しリタイアとなったものの、第2ヒートは自らの意志で強行出場し8位入賞を果たした。

IA2クラスに参戦する竹中純矢は、両ヒート4位で総合も4位。同クラスではTeam SRM with マウンテンライダース所属の岡野聖(RM-Z250)が、第2ヒートで3位表彰台を獲得し総合3位の成績を残した。

全日本選手権では唯一の首都圏開催となる会場のオフロードヴィレッジは、荒川の河川敷に造られたタイトコーナーとスーパークロス風のトリッキーなジャンプが特徴のテクニカルコース。大会期間中は曇りがちの肌寒い天気となったが、ホコリが出やすい土質のため繰り返し散水作業が行なわれ、ハードな部分と軟質な部分が混在する滑りやすいコンディションでレースが行なわれた。

IA1クラス第1ヒート、好スタートを決めた小島と熱田は、オープニングラップの激しいバトルをリードしようとするが、コース後半にあるリズムセクションで小島が激しく転倒。このアクシデントでダメージを受けた小島はそのままリタイアとなってしまう。一方オープニングラップをトップでクリアした熱田は、序盤ペースが上がらず2周目に2番手、4周目には5番手にポジションを落としてしまう。激しいバトルの中で挽回を狙った熱田だったが、思うようにペースを上げることが出来ず、そのまま5位でチェッカーを受けた。

IA1クラス第2ヒート、身体にダメージが残るものの、強行出場した小島は得意のスタートを決め4番手でオープニングラップをクリア。一方スタートで出遅れた熱田は、オープニングラップ10番手から追い上げを開始する。痛みに耐え、ひたすら完走を目指した小島は、前半9番手までポジションを落とすも、後半は必至に踏ん張ってこのポジションをキープした。レース後4位のライダーがペナルティを受けたため、ひとつ繰り上がって8位のリザルトをマークした小島は、執念の走りで貴重な13ポイントを獲得した。また後方から追い上げた熱田は、前半6番手まで順位を上げるも、更に上位を狙った後半にミスもあり、7位のポジションでフィニッシュした。

IA2クラス第1ヒート、まずまずのスタートを決めオープニングラップを6番手でクリア、更に追い上げを試みた竹中だったが、2周目に入ってすぐに直前を走っていたライダーの転倒に巻き込まれ、大きく順位を落としてしまう。なんとか13番手まで順位を回復し2周目を終えた竹中は、3周目に9番手、4周目に7番手と着実に順位を挽回。7周目5番手まで順位を上げ、トップ争いに追い付こうとした竹中だったが、ここで転倒のミスを犯し7番手にポジションダウン。再度追撃を開始した竹中は、後半確実な走りで順位を上げ、表彰台にはあと一歩届かなかったものの4位でチェッカーを受けた。

IA2クラス第2ヒート、再び6番手のポジションでコントロールラインを通過した竹中は、序盤確実に順位を上げて3周目には4番手に浮上。3番手を走行していた岡野聖を捉えた竹中は、ここからサイドバイサイドのバトルを繰り広げ、何度も岡野に並びかけるが、先行するまでには至らず、終盤には転倒もあり4位でチェッカーを受けた。

LMXクラスでは、ホールショットを決めた邵洋子がオープニングラップからレースをリードするも、最終ラップのトップ争いで転倒を喫し、再スタートに時間がかかったこともあり23位。連勝を逃す結果となった。

コメント
IA1

■小島 庸平(第1ヒートDNF/第2ヒート8位 総合14位)
「大きく落とさないことが目標だったのに、やってしまったという感じです。1周目の転倒は完全に自分のミスでした。ヒート2はとにかくポイントを取るために走りました。手痛いレースになってしまいましたが、切り換えて、腐らずにやって行くしかない。連休を挟むので身体も回復されることが出来ると思うし、必ず盛り返します。」

■熱田 孝高(第1ヒート5位/第2ヒート6位 総合6位)
「ヒート1は最初スタートで出て、でもペースが上がらなくて、と言ってもほんの少し遅いだけなんですが、上位のタイムが変わらないので順位を上げることも出来ず5位という結果に終わりました。ヒート2はスタートでつっかかって、その後は詰まらず離れずという感じで、追い上げ出来ないまま終わってしまいました。走り自体は悪くないし、次は大好きな広島。今度は行けると思います。」

IA2

■竹中 純矢(第1ヒート4位/第2ヒート4位 総合4位)
「両ヒートとも中盤からは自分の走りが出来たと思うんですが、前半走りが固くなってペースを掴めなかったことが課題ですね。ヒート1の転倒は、目の前だったので避けようがありませんでした。ヒート2はスズキ同士のバトルになって、甘さが出てしまった気がします。チームやスポンサーさんに協力してもらっているので、もっと乗り込んで次こそ良い結果を出すつもりです。」

■渡辺 明 監督
「開幕戦が奮わなかったので、今回がシーズン序盤の重要なレースになると思っていただけに、非常に残念です。全員それなりの意気込みを持って臨んだわけですが、竹中はレースを重ねる毎に伸びるライダーだと思うので、課題も見えたし、しっかり取り組んで行けば必ず結果をだせるはず。小島と熱田は予選、スタートも良かったのに、あのアクシデントで状況が一変してしまった。大事な場面でえてして起こることですが、次はコースも再び大きく変わるし、しっかりとやっていく、それだけだと思います。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る