【新車】トライアンフ、「Thunderbird Commander」 & 「Thunderbird LT」発売

このたび、トライアンフモーターサイクルズジャパン(会社名:トライアンフ ジャパン株式会社《本社:東京都港区海岸3-18-1ピアシティ芝浦、代表取締役社長:デービッド・ブルーム》)では、 5月1日(木)よりThunderbird Commander(サンダーバードコマンダー)およびThunderbird LT(サンダーバードLT)の発売を全国のトライアンフ正規販売店にて開始いたします。

コマンダー、LTともに世界最大排気量 1699cc(1700cc)DOHC4バルブ(クランク角270°)のパラレルツインエンジンを搭載。ツインバランスシャフト、オートマチック・ディコンプレッサー、センターカム・ドライブ、インテグレーテッド・トーショナルダンパーなどを備えたスムーズかつ力強く個性あふれるエンジンとなっております。

ツインスパインの新設計フレームでエンジンをストレスメンバーとして使用、フロントジオメトリーも変更し、乗り心地やハンドリングを向上させ、剛性も同時に最適化しています。

サスペンションもデュアルレートスプリングによりしなやかで、細かな路面のでこぼこにも対応。LTには高い荷重に対応できるばねレートを専用に設定しています。ブレーキについても、前後310mmトリプルディスク、ツイン4-ピストンキャリパー、ABSを標準装備し、強力なパワーに対応できる力強いストッピングパワーを発揮します。

ライディングポジションはリラックスして乗車できる自然なポジションで、フットボードも体格によって足の位置を変えることができるのでとても自然な着座位置となります。

また、ランバーサポートを備えた専用設計のライダーシートは長距離の運転にも快適なシート環境を提供し、余裕の後部座席スペースもパッセンジャーに安定した座り心地を与えます。特にLTに標準装備されたシーシーバーとバックレストは快適さをさらに増す装備となっております。

Thunderbird Commander \1,988,000(8%税込み)
■ボディーカラー:
• クリムゾン・サンセット・レッド&ラバレッド(ツートーン)

• ファントムブラック&ストーム・グレイ(ツートーン)

■モデル概要:
• 水冷DOHC並列2気筒270°クランク1699cc
• 94PS/69kW/5,400rpm, 156Nm/2,950rpm
• ABS標準装備
• デュアルヘッドランプ
• フットボード
• 700mmシート高

Thunderbird LT \2,100,000(8%税込み)
■ボディーカラー:
• カスピアン・ブルー&クリスタル・ホワイト(ツートーン)

• ラバ・レッド&ファントムブラック(ツートーン)

■モデル概要:
• 水冷DOHC並列2気筒270°クランク1699cc
• 94PS/69kW/5,400rpm, 156Nm/2,950rpm
• ABS標準装備
• クイック・デタッチ・スクリーン、ツイン補助等付 シングルヘッドライト
• ホワイトウォールタイヤ、スポークホイール
• リヤクローム・マットガード
• ホワイトパイピング・シート
• パッセンジャー・フットボード、パッセンジャー・バックレスト、レザー・パニヤー

LTにはデビューパッケージとして特別仕様のモデルも限定で用意されます。
¥2,160,000(8%税込み)ボディーカラーはLTと同じ。
• Dパッケージの装備
• クイック・デタッチ・ロングスクリーン
• デラックス・パッセンジャー・バックレスト
• ラゲッジ・ラック
• エンジン・ドレッサー・バー
• ハイウェイ・ペグ
• パニアー・ドレッサーバー

★また、この両モデルの発売に合わせて、5月 17日(土)〜6月 1日(日)の間で、全国のトライアンフ正規販売店にてデビューフェアーを開催いたします。

期間中に販売店店頭でコマンダーか LT にご試乗された方に特製ポーチをプレゼントします。

関連記事

編集部おすすめ

  1. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  2. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  3. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  4. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
ページ上部へ戻る