【新車】HONDA、外観を一新し各部の熟成を図った「CBR250R」とレーシングイメージのCBR250RSE」を発売

Hondaは、250ccのロードスポーツモデル「CBR250R」の外観を一新するとともに、エンジンの最高出力を高め、4月24日(木)に発売します。また、MotoGPで活躍している“Repsol Honda Team”のカラーリングを施した「CBR250R<ABS> Special Edition」※15月20日(火)に発売します。

CBR250Rのスタイリングは、二眼タイプのヘッドライトを採用し、よりスポーティーなフロントフェイスとしています。また、フロントカウル、ミドルカウル、テールカウル、サイドカバーのデザインを一新。さらに、燃料タンクとスクリーンの形状を変更することで、精悍なイメージを高めています。このほか、シートとサイドカバーをスリムな形状として、足着き性の向上を図っています。

エンジンは、吸気系のインレットダクトとコネクティングチューブの形状と、バルブタイミングを変更することによって、低・中速域のトルクをキープしたまま、最高出力を従来モデル比で1kW高い22kWを実現しています。なお、60km/h定地走行テスト値では、従来モデルに比べ、0.9km/L高い50.1km/Lの良好な燃費性能も実現しています。新形状のステンレス製マフラーは、上質感とスポーティー感を高め、スタイリッシュな外観にも寄与しています。

車体色は、CBR250RはABSタイプも含めて、トリコロールイメージのロスホワイト、鮮やかなミレニアムレッド、精悍なブラックの3色を設定しています。CBR250R<ABS> Special Editionは、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスで活躍しているRepsol Honda Teamのカラーリングをイメージしたナイトリックオレンジ1色の設定。ホイールにも専用のオレンジカラーを採用するなど、レーシングイメージにあふれたモデルとしています。

※1 受注期間限定モデル。受注期間は、2014年4月18日(金)から2014年6月8日(日)まで

▼CBR250R<ABS> (ロスホワイト)

▼CBR250R (ミレニアムレッド)

▼CBR250R (ブラック)

▼CBR250R<ABS> Special Edition(ナイトリックオレンジ)

●販売計画台数(国内・年間)シリーズ合計 3,500台

●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CBR250R ミレニアムレッド、ブラック 498,960円(消費税抜き本体価格 462,000円)
CBR250R ロスホワイト 515,160円(消費税抜き本体価格 477,000円)
CBR250R<ABS> ミレニアムレッド、ブラック 549,720円(消費税抜き本体価格 509,000円)
CBR250R<ABS> ロスホワイト 565,920円(消費税抜き本体価格 524,000円)
CBR250R<ABS> Special Edition 576,720円(消費税抜き本体価格 534,000円)

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

お問い合わせ
お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る