【JMX】全日本モトクロス2014 TeamHRC現場レポート vol.10

HSR九州がリニューアルオープン

全日本モトクロス選手権のレギュラースポットとして名高い、HSR九州(ホンダセーフティ&ライディングプラザ九州)が、このほどリニューアルオープン。高低差や拡幅などに加え、随所に工夫がこらされた新コースで行われた全日本モトクロス選手権開幕戦では、各レースで好バトルが繰り広げられました。

今回の現場レポートでは、コースレイアウトを監修した佐合潔氏(本田技術研究所二輪R&Dセンター 熊本分室)に、生まれ変わったHSR九州について語っていただきました。

きっかけは成田亮選手からの要望でした。「昨年の開幕戦のコンディションがあまりよくなくて、雨が降ると滑りやすい、土の中から石が出てくるので危ない、レイアウトに変化が少ない……」という意見を受けて、Hondaがコース改修に向けて動き出したのです。モトクロッサーの開発拠点が朝霞から熊本に移り、テストコースとしてのニーズが高まってきたことも追い風になったのだろうと思います。昨年の10月ごろに初めて話があり、今回のコース改修を、HSR九州の皆さんと一緒に進めることになりました。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る