[DUNLOP] JRR Rd.1 JSB1000 加賀山選手8位、中冨選手9位を獲得

全日本ロードレース選手権
2014/4/13 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 鈴鹿2&4レース

2014年の開幕戦は、鈴鹿2&4レース。4輪のスーパーフォーミュラと併催で、JSB1000クラスのみが行われる。
今年も、ダンロップ勢のエースは、チームカガヤマの加賀山就臣選手(SUZUKI)。
また、今野由寛選手(SUZUKI)はMOTOMAP SUPPLYから、藤田拓哉選手(YAMAHA)はDOGFIGHT RACING YAMAHAから、稲垣誠選手(SUZUKI)はTeam 橋本組アケノスピードからエントリー。
一方、中冨伸一選手がJSB1000クラスに戻り、HitMAN RC甲子園ヤマハから、ヤマハYZF-R1で参戦している。
公式予選は12日土曜日、晴天の中で行われた。
今回、56台がエントリーしたため、A、B2組に分かれて、それぞれ35分の計時予選を行った。
加賀山選手はセッティングに苦しみ、総合8位3列目からスタートすることになる。今野選手は9位、中冨選手は11位、藤田選手は13位、稲垣選手は16位につけた。
決勝当日は曇り空ながら、ドライコンディションとなった。
スタートが切られると、加賀山選手は8番手につける。中冨選手は9位、今野選手は11位に続く。
加賀山選手は前を行く、山口辰也選手(HONDA)を追いかけていく。
一方、中冨選手、今野選手は、酒井大作選手(BMW)と9位争いを展開し、接近戦を繰り広げる。
加賀山選手は、中盤も安定したペースで走行を続ける。順位を上げることはできなかったが、後続を寄せ付けず。単独8位で走り続けると、そのままチェッカーを受けた。
一方、中冨選手は終盤に向けてペースアップ。今野選手、酒井選手を抜き去ると9位に順位を上げる。終盤、前を行く加賀山選手にも迫る健闘を見せた。
今野選手は11位でチェッカーを受ける。
また、稲垣選手は17位でゴール。藤田選手はスタート直前にマシントラブルが発生し、出走できなかった。

レース後のコメント
8位 加賀山就臣選手
「2年間使ってきたサスペンションメーカーを変更し、より高いレベルにマシンを仕上げていこうと新たなチャレンジを始めたので、序盤の厳しさはある程度覚悟していましたが、想像以上に難しいレースとなってしまった。手応えはあるので、着実にセットアップしていけば結果は付いてくると考えています。期待に応えられるよう、引き続き頑張っていきます」
9位 中冨伸一選手
「序盤に接触や2度のシフトミス、最終ラップにはコースアウトしてしまった。最後は、8位の加賀山選手に追い付くところまでいったのですが…。次は今の課題をクリアできるようにがんばります」
11位 今野由寛選手
「サスペンションメーカーを変えてマシン面でビッグチェンジしたので、そのあたりをまとめられるか不安でしたが、ベースセットもレースウイークの中で出すことができて、とても充実した開幕戦となりました。レースではマイナートラブルがでてしまったが、その中でチームの課題であるベースセットを出せたというのは大きな成果だと感じています」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る