MotoGP ブリヂストン、投入したリアの3種類が有効に作動

オフィシャルタイヤサプライヤーのブリヂストンが、反時計回りのレイアウトに対して、右側が硬い左右非対称のコンパウンドを投入。開幕戦に続き、マルケスのみがハードコンパウンド(赤)を装着して、3種類の選択肢が有効だったことを証明。数人がフロントの消耗が激しかったことから、原因を分析究明することになった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 新型車両専用パーツを多数発売 ハリケーンは、「Ninja250/400用 BMコンチ3型 …
  2. 「普段は経験できない、10個のスペシャルな体験」プレゼント! NEXCO中日本名古屋支社、…
  3. 『IRON 883TM』や『FAT BOB®』など最新人気モデルに試乗可能! ハーレーダビ…
  4. 鈴鹿サーキットは、プロモーションパートナーである「ローソン」と協力し7月23日(月)から、三…
ページ上部へ戻る