[KTM]EWC Rd.3&4 3クラスでKTMライダーが完全優勝を達成!!

『2014エンデューロ世界選手権/第2戦ポルトガル』。KTM ENDURO FACTORY TEAMからE1クラス(2st125cc/4st250cc)に参戦した#7Christophe Nambotin/クリストフ=ナンボティンは「250EXC-F」を駆り2日間ともに勝利。また#96Cristobal Guerrero/クリストバル=ゲレーロも両日ともに3位となりました。

またE2クラス(2st250cc/4st450cc)では#8 Antoine Meo/アントワ=メオが2日間ともに優勝。そしてE3クラス(2st300cc/4st500cc)では#25 Ivan Cervantes/イヴァン=セルバンテスも完全勝利を果たし、チームメイトの#19Matthew Phillips/マシュー=フィリップスも両日ともに表彰台に上がりました。この週末は5人のKTMライダー全員が両日ともに表彰台にのぼり、KTMがその強さを見せつけました。

■E1 クラス
土曜日、ナンボティンは12のテストのうち7つを制し、また最初のエクストリームテストでクラッシュするものの見事なリカバリーを見せ、強力なライバルであるE・レメス(TM)に25秒もの差をつけてトップでチェッカー。また昨年負った怪我もすっかりと癒えたゲレーロは、何度かクラッシュしたもののその速さをキープし続け、3位表彰台を獲得しました。そして日曜日、さらに強さを増したナンボティンは8つのテストで勝利を収めトップでゴール。さらにゲレーロも前日に続いて3位を獲得しました。

■E2 クラス
土曜日、ふたつ目のテストを終えたときメオは 3〜4 番手。スロースタートに見えましたが、チェッカー受けたときには6つのテストで勝利を収め、ライバル/P・レネト(ハスクバーナ)に 4.13 秒もの差をつけて優勝。日曜日も350EXC-F を駆り7つのテストを制し、この日も勝利を手にしたのでした。

■E3 クラス
ベテランのセルバンテスとルーキーのフィリップスは、それぞれがE3クラスを戦うチームに良い影響を与えていることを証明しました。土曜日、フィリップスはセルバンテスに28秒も先行されつつもしっかりと食らいつき、チームでワンツーフィニッシュを決めたのです セルバンテスは日曜日のレースでも優勝し、安定した強さを見せつけました。ファリオリ監督が「まだ発展途上」と言うフィリップスは、この日も350 EXCを駆り3位表彰台を獲得。その才能を存分に見せつけ、確かな将来性を証明したのです。

セルバンテスのコメント: 「若いオーストラリア人に苦しめられたけど、最高に楽しかったよ(笑)。マットはとても速かったけど、自分は途中から違うラインを試しつつ、ミスをしないよう心がけた。それが良い結果につながった。エクストリームテストは非常に難しかった」

次戦/第5・6戦は、5月10日にギリシャで開催されます。

【EWC, Rd.03】決勝結果
■E1 Results
1, Christophe Nambotin − KTM
2, Eero Remes
3, Cristobal Guerrero − KTM

■E2 Results
1, Antoine Meo − KTM
2, Pierre-Alexandre Renet
3, Alex Salvini

■E3 Results
1, Ivan Cervantes − KTM
2, Matthew Phillips − KTM
3, Mathias Bellino

【EWC, Rd.04】決勝結果
■E1 Results
1, Christophe Nambotin − KTM
2, Eero Remes
3, Cristobal Guerrero − KTM

■E2 Results
1, Antoine Meo − KTM
2, Pierre-Alexandre Renet
3, Alex Salvini

■E3 Results
1, Ivan Cervantes − KTM
2, Matti Seistola
3, Matthew Phillips − KTM

◎E1クラスポイントスタンディングス
1, Christophe Nambotin(KTM) 80 points
2, Eero Remes 60
3, Cristobal Guerrero(KTM) 60

◎E2クラスポイントスタンディングス
1, Antoine Meo(KTM) 77 points
2, Pierre-Alexandre Renet 69
3, Johnny Aubert 58

◎E3クラスポイントスタンディングス
1, Ivan Cervantes(KTM) 80 points
2, Matthew Phillips(KTM) 64
3, Matti Seistola 2757

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る