[SUZUKI]WMX Rd.4 クレメン・デサールが完璧な走りで今季待望の総合優勝! ストライボスも総合3位、揃ってポディウム登壇!

イタリアのトレンティーノで開催された2014FIMモトクロス世界選手権シリーズ第4戦、ロックスターエナジースズキでRM-Z450ワークスマシンを駆るクレメン・デサールが、第1レース2位、第2レース1位を獲得、今シーズン待望の総合優勝に輝いた。詰め掛けた2万5000人のファンの前で圧倒的な強さを発揮したデサールは、昨年のイギリスGP以来となるポディウムの中央に上がり、さらにチームメイトのケビン・ストライボスも第1レース5位、第2レース3位で総合3位となる大健闘で、2人揃って喜びのシャンパンファイトを披露した。

今季カタールで開幕、これまでタイ、ブラジルと続いたシリーズの会場は、第4戦で初めてヨーロッパへと移った。イタリア北部にあるアルコ・ディ・トレント・サーキットでの開催は2年目を迎え、タイトでスリッピーなことに加えて風の強いテクニカルコースの攻略がライダーにとっては最も大きな課題となる。さらに今回はヨーロッパ選手権が併催されてレース数が増えたこともあり、路面は時間を追うごとにギャップとわだちが深く荒れていった。いつにも増してスタートの重要性が高く、レース初盤の順位が結果にも大きく影響する状況となった。

ニューフレーム、ニューエンジンを搭載したデサールのスズキRM-Z450ワークスマシンは、そのような困難なコース状況にもまったく揺るがない強さとスピードを見せつけた。第1レースはG・ポーリン(カワサキ)に続いて手堅く2位でフィニッシュ。第2レースはJ・ファン・フォルベーク(ヤマハ)とT・カイローリ(KTM)のミスやポーリンのメカニカルトラブルなど
予期せぬ展開も重なり、デサールを含め4ライダーによる激しいトップ争いが繰り広げられたが、前半からトップに出たデサールがパーフェクトな勝利を飾った。

一方、土曜の予選では10位に終わったストライボスだったが、その後マシンセッティングに取り組み、決勝日はベテランらしい走りで本来の実力を発揮した。第1レースは前の4ライダーに迫り、カイローリの前で5位フィニッシュ、第2レースでもカイローリを抑えて3位となり、ベテランの底力とマシンテストの成果を証明した。

現在ポイントランキングでデサールは158ポイントとなりランキング2位に浮上、トップのカイローリに17ポイント差に迫り、3位のファン・フォルビークに4ポイント差をつけている。ストライボスは109ポイントでランキング6位につけている。
次戦第5戦は4月20日、ブルガリアのセブリエボで開催される。引き締まった土質のセブリエボは起伏のあるスピードコースとして名高い。さらにシリーズは5月のオランダGP、スペインGP、イギリスGPと続く。

なお、MX2クラスでは,ロックスターエナジースズキヨーロッパチームのグレン・コルデノフが第2レースで今季2度目の優勝,総合順位3位で登壇した。

コメント
■クレメン・デサール(第1レース/2位 第2レース/1位 総合1位)
「調子良くコースを攻めながら、リラックスして走れた。スタートから上手く決まって、思い通りのレース運びができた。第1レースは最初から最後まで2番手のまま、何度かポーリンに追いつく時もあったがミスしてタイムロスもあり、トップに出るのは難しくそのまま2位を守って行った。わずかなミスが勝負を分けるコースなので、ここで総合優勝できたことはとても満足だ。今シーズンは開幕戦で思い通りの結果を出せなかったが、第2戦のタイGPで自分では良い手ごたえを感じた。もう肩も痛まないし、マシンもとても良い感じで走れる。調子が100パーセントかどうかはわからないが、おそらく100パーセントに近いのではと思う。」

■ケビン・ストライボス(第1レース/5位 第2レース/3位 総合3位)
「厳しいレースだったが、2レースとも結果を出すことができて良かった。コースでは走りのリズムをつかみ、スピードに上手く乗ろうと思いながら頑張った。2レースともスタートが上手くいき、最後まで集中して走れたし、ポディウムに上がることができてとても嬉しい。前の大会からマシンセッティングを変えたのが良い結果に結びついた。」

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る