[KTM]MotoGP Rd.2 ミラーがポール・トゥ・ウィン!開幕から2連勝を達成

『2014MotoGP/第2戦アメリカ』。 今シーズンからRed Bull KTM Ajoに移籍しMoto3クラスを戦う#8/Jack Miller(ジャック=ミラー)は、開幕戦カタールに続き、ここアメリカでも優勝を果たしました。また昨年のRed Bullルーキーズカップの覇者#98/Karel Hanika(カレル=ハニカ)は10位でフィニッシュ。価値あるポイントを獲得しました。

開幕戦で優勝を果たし波に乗るミラーは、土曜日に行われた公式予選でトップタイムをマーク。ポールポジションを獲得し決勝を迎えます。

好スタートを切ったミラーは序盤から猛烈にプッシュ。最初、それについてきたのはE・バスケス(ホンダ)だけ。序盤はこの2人がレースを引っ張ります。しかし中盤、A・マルケス(ホンダ)やKTMを駆るSKY Racing Team VR46の#5/Romano Fenati(ロマーノ=フェナティ)がトップグループに加わり、4台によるバトルが繰り広げられます。

そしてラストラップ、マルケスが転倒し戦線を離脱。ミラーはそれにも動揺することなく、スタートから一度もトップを譲ることなくトップでチェッカー。予選から完全勝利でシリーズ2勝目をマークしました。またフェナティが2位に入り、KTMによるワン・ツー・フィニッシュとなりました。

一方ハニカは10位でフィニッシュ。前戦より順位を上げ、確実にステップアップを果たしています。

ミラーのコメント: 「いいレースになるのは当然だった。KTM RC250の調子は完璧だったし、セッティングも決まっていた。タイヤも温存できていたからファイナルラップもプッシュできた。最後まで全力で戦えたことは本当によかった。連勝できたことも素晴らしいし、僕たちはこれから先のGPでもこの好調を継続できるよう努力する」

次戦/第3戦は、4月27日にアルゼンチンで開催されます。

■第2戦決勝結果
1, Jack Miller – KTM
2, Romano Fenati – KTM
3, Efren Vazquez
4, Alex Rins
5, Jakub Kornfeil – KTM

Other KTM
7, Francesco Bagnaia
10, Karel Hanika
13, Enea Bastianini
18, Eric Granado
24, Hafiq Azmi

■Moto3 ポイントスタンディングス
1, Miller(KTM), 50
3, Vazquez, 32
4, Fenati, 24
5, Rins, 24

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、「F.C.C. TSR Honda France」が参戦する鈴鹿8耐へ向けた動画を…
  2. クールネックバンドをもれなくプレゼント トライアンフモーターサイクルジャパンは、「クールサ…
  3. ホンダは、ワークスチーム「Red Bull Honda with 日本郵便」が参戦する鈴鹿8…
  4. 7月26日(木)~29日(日)に開催する「”コカ・コーラ”鈴鹿8耐 第41回大会」において、…
ページ上部へ戻る