[YAMAHA]MotoGP Rd.2 ロッシは8位、ロレンソが10位を獲得

■大会名称:MotoGP第2戦アメリカズGP
■開催日:2014年4月13日(日)決勝結果
■開催地:テキサス州/サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)(5.513km)
■コースコンディション:ドライ
■気温:26度
■路面温度:32度
PP: M・マルケス(2分2秒773/ホンダ)
FL: M・マルケス(2分3秒575/ホンダ)

COTAで行われた第2戦アメリカズGPは、V・ロッシが8位、J・ロレンソが10位にとどまり、モビスター・ヤマハ・MotoGPにとって非常に厳しい結果となった。

ロッシは完璧なスタートを決めることができず、グリッド6位から9位へ後退。追い上げを強いられたロッシは序盤から果敢に攻め、A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)、S・ブラドル(ホンダ)、C・クラッチロー(ドゥカティ)らを次々にパスして4位まで浮上する。さらにA・イアンノーネ(ドゥカティ)との差を縮めていきながら表彰台獲得を目指していたが、その矢先、フロントタイヤ右側のグリップが失われてペースを上げられなくなり、再び後退を余儀なくされた。

一方のロレンソはスタートで逸り、ジャンプ・スタートによってライド・スルーのペナルティー。オープニングラップを走り終えたところでピットに戻り、すぐにまたコースに復帰したが、その時点で23位となっていた。このように非常に厳しい展開となってしまったが、シーズン初のポイント獲得を目指して懸命に追い上げ、8位のロッシに4秒差まで近づく10位となった。

ロッシは8ポイントを加算して合計28ポイント、ランキングは3位に後退した。ロレンソは6ポイントで16位となっている。

NGMフォーワード・レーシングのA・エスパルガロがオープン・カテゴリーでトップ。総合成績でも9位と健闘した。

予選で好位置を獲得していたエスパルガロだが、スタートで出遅れてトップグループについていくことができなかった。走行中はチャタリングの問題に悩まされたこともあり、無理な追い上げをやめて着実に走りきった。これでチャンピオンシップ・ポイントを合計20に伸ばし、ランキング5位につけている。

一方、ホームGPでの好成績を狙っていたチームメイトのC・エドワーズだが、エスパルガロと同様、思うような走りができないまま、残り4ラップでマシンが止まりリタイアを余儀なくされた。ノーポイントに終わったことで、ランキングは14位に後退。NGMフォーワード・レーシングはチームランキング4位となっている。

コメント
■V・ロッシ選手談(8位)
「フロントタイヤの右側が完全にだめになった。昨日までにも同じことがあったが、今日ほどひどいのは初めてだった。朝のウォームアップでは調子が上がっていて、ユーズド・タイヤで最後まで走りきることができたから手ごたえはとても良かったんだけれど…。ところが7周か8周でグリップしなくなって、そのあとはラップタイムが3秒も落ちてしまった。目標にしていた表彰台が目の前に近づいてきていただけに悔しいよ」

■J・ロレンソ選手談(10位)
「スタートで集中しきれず、大きなミスをおかしてしまった。そのあとは、ただひたすら全力でポジションアップを目指していったが、戦い自体はそこですでに終わってしまっていた…。このような形で大事なレースを、まさに破壊してしまったことを、チームのみんなに謝らなければならない。大変な緊張感を抱えながら非常に厳しい状況のなかで走り続けた。このようなときはミスをおかしやすくなるが、少なくとも転倒せずに走りきることができた。そしてポイントを獲得できたのは良かったと思っている」

■M・メレガリ、モビスター・ヤマハ・MotoGP、チーム・ディレクター談
「バレンティーノは、ほんの数ラップでフロントタイヤの右側が完全にだめになってしまった。これまでにも同様のことが起きていたので、それに対処するためのセッティング変更も行っており、今朝のウォームアップでは16ラップ走ってまだ大丈夫そうだったので問題は解決したと考えていた。もともと厳しい展開を覚悟していた今回のレースだが、表彰台に迫りながらも結果的にそれを逃すこととなってしまい非常に残念だ。ホルヘについては、昨日までにどんなにしっかりと準備をしたとしても、予想もつかない出来事がレースには起こりうるということだ。彼が誰にも負けないくらいに頑張っていたことはよくわかっているし、非常にミスの少ないライダーであることも知っている。それでもこのようなことが起こった。残念ではあるが、そのあとはベストを尽くして最後までしっかりと走りきってくれた。今回も懸命に作業を行い、ここまでマシンを作り上げてくれたチームのみんなに感謝している。次のアルゼンチンでは、さらに強くなってリベンジを狙いたい」

NGMフォーワード・レーシング
■A・エスパルガロ選手談(9位)
「朝のウォームアップでも、フロントのチャタリングに悩まされたが、同じことが決勝でも起きてしまった。プッシュすることができなかったので、無理せず守りの態勢で、完走とポイント獲得だけを目指して走り続けた。力を出し切れず悔しい思いをしたが、今日はどうしても攻めることができない状態だったんだ。今は次回のアルゼンチンを楽しみにしている。自信を持って臨める」

■C・エドワーズ選手談(DNF)
「ウイーク中ずっと、問題に悩まされてばかりだった。フロントタイヤにもまだ違和感があって、状況をより一層複雑にしていたんだ。残り4ラップのストレートを走行中、インジェクションの燃料圧力に不具合が出てとうとうマシンがストップ。これで僕のレースは終わりになった。これから原因究明を試みる」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 日本郵便は、10月19日(木)から全国の郵便局(一部の簡易郵便局は除く)と「郵便局のネットシ…
  2. ホンダは、スーパーカブ 世界生産1億台達成を記念し、「第45回東京モーターショー2017」の…
  3. ホンダは、二輪車「スーパーカブ」シリーズの世界生産累計が、2017年10月に1億台を達成した…
  4. ※10月20日更新情報 台風の影響を考慮し、本イベントの延期が正式アナウンスされています。 …
ページ上部へ戻る