[YAMAHA]WMX Rd.4 ファン・フォルベークがイタリアで2位に入り、トロフィーを連続獲得

■大会名称:2014年第4戦トレンティーノ・グランプリ
■カテゴリ:MXGP/MX2
■開催日:2014年4月13日
■開催地:アルコ・ディ・トレント

Yamaha Factory RacingのJ・ファン・フォルベークが、再びポディウムフィニッシュ(総合2位)を果たした。これでファン・フォルベークは4戦中3戦で表彰台に立つことになった。カタール、タイ、そしてブラジルの各グランプリと同様、ファン・フォルベークは2014年カレンダーで最初のヨーロッパラウンドとなる今大会で、25,000人のファンを前に、各ヒートで3位と2位に入る活躍を見せ、MX1クラスをリードする主役のひとりとなった。現在、ファン・フォルベークはMXGP選手権ランキングでトップと21ポイント差の3位につけている。

ここアルコは今シーズンこれまで開催されたグランプリの中で最も厳しいチャレンジを要求するコースとなった。ハードパックの曲がりくねったショートトラック・レイアウトで路面はうねり、そしてコブが散りばめられている。ライダーはトラクションを求め続けることを強いられ、パッシングが難しいこのトリッキーなサーキットでは、小さなミスが順位を大きく左右することとなった。

第1ヒートでファン・フォルベークは序盤3位につけ、MXGP初勝利を争っていたが、軽い転倒を喫してしまいポジションをダウン。しかし、すぐに順位を挽回してトップスリーに返り咲き3位でフィニッシュ。続く第2ヒートでファン・フォルベークは、4選手によって展開されたエキサイティングなトップ争いに加わった。他車との接触があったが、その不運をものともせず走り続け、このヒートを制したC・ドゥサル(スズキ)から1秒以内の差でフィニッシュラインを通過した。

DP19Yamaha RacingのオーナーでライダーのD・フィリッパーツは、第1ヒートで11位、第2ヒートは転倒があり、挽回のためのハードなライディングを強いられ18位。総合成績は16位となった。

総合順位でフィリッパーツに続く17位となったのはBike it Yamaha CosworthのR・ゴンサルビス。滑りやすいダートでリズムをつかむのに多くのライダーが苦労したが、ゴンサルビスもそのひとりだった。ゴンサルビスは依然、準備の短かったプレシーズンからのリカバーに努めているが、過去2戦でその存在感を示し始めている。

第5戦ブルガリア・グランプリは、イースターウイークエンドにセブリエボで開催される。

コメント
■MXGP:J・ファン・フォルベーク選手談(3位/2位:総合2位)
「2位に入れてうれしいけど、今日はミスが多すぎた。第1ヒートでは転倒してタイムをロスした。第2ヒートではスタートが悪く、挽回しなければならなかった。レース終盤にクレマンの(ドゥサル)の背後に追いついたけど、そうしたミスがなければ行けて(勝てて)いただろう。いずれにしても、表彰台に立てたことはうれしいし、こうして表彰台に立ち続けることで、タイでの結果が幸運によるものではないことを示すことができた。MX2で示していたのと同じ結果をMX1でも見せることができていい感じだ。今日はすごく体調も良くてすべてを出し切れた。このような状況が続いて、間もなくGPで勝利を挙げることを期待している。今、それに近づいているからね」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
  2. 話題のニューモデルが集合! カワサキモータースジャパンは12月9日から10日の二日間、大阪…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 カワサキ往年の名車、Z1をオマージュした新…
  4. ヤマハ発動機は、フロント二輪※1のオートマチックコミューター「TRICITY(トリシティ)1…
ページ上部へ戻る