[YAMAHA]JRR Rd.1 JSB1000 中須賀克行が開幕戦の鈴鹿で完全勝利!

■大会名称:2014全日本ロードレース選手権シリーズ第1戦 鈴鹿2&4
■カテゴリ:JSB1000
■開催日:2014年4月13日(日)
■会場:鈴鹿サーキット(5.821Km)
■周回数:20周
■観客数: 28,000人
■天候:くもり
■コース:ドライ
■PP:中須賀克行(ヤマハ/2分06秒832)
■FL:高橋巧(ホンダ/2分06秒903)

昨シーズン、JSB1000で2年連続4回目のチャンピオンを獲得した中須賀克行が、2014年の開幕戦・鈴鹿2&4レースでポール・トゥ・ウィンを達成した。

4月12日(土)の予選で中須賀は、自身の持つコースレコードにはわずかに届かなかったが、2分06秒832を記録してポールポジションを獲得。20周で行われる決勝レースでは、好スタートからホールショットを奪うが、第2コーナーでは秋吉耕佑(ホンダ)に先行を許してしまう。その後、秋吉、中須賀、高橋巧(ホンダ)、津田拓也(スズキ)が先頭集団を形成。しかし5周目になると、トップは秋吉と中須賀のマッチレースとなった。

11周目になると、一時は後退していた高橋がトップ2に追いつく。そして16周目の110Rからヘアピンカーブで、中須賀が秋吉に仕掛けてトップに再浮上する。だが、130Rで再び秋吉がトップに立つが、シケイン立ち上がりで秋吉のマシンにトラブルが起きると、中須賀がトップに躍り出る。さらに秋吉は、17周目のダンロップコーナーでハイサイドを起こして大きく後退。これでトップは中須賀と高橋の戦いとなった。

18周を終了した時点で中須賀と高橋のタイム差は0.274秒。そして19周目を迎えると、大量のバックマーカーが中須賀の前に立ちはだかる。そしてシケインで中須賀と高橋の間に1台のバックマーカーが入ったのだが、高橋はラストラップでまたしても中須賀の背後に迫る。しかし、まったく隙を見せないトップ中須賀は、高橋を抑えきって優勝。昨年から鈴鹿3連勝となり、昨年のスポーツランドSUGOから5連勝となった。

コメント
■中須賀克行選手談(優勝)
「この勝利は、素直にうれしいです。開幕戦であり、さらに周囲からの期待も大きく、レースウイークでは、走行の度にプレッシャーで気分が悪くなっていました。今大会は20周で、昨年よりも周回数が増えているので、金曜日の走り出しから、タイヤ選択に集中しました。レース序盤は、タイヤ温存に務め、うまくタイヤマネジメントができたし、20周を全力で走りきることができました。応援していただいたYSPのみなさん、そしてファンのみなさんと、この喜びを分かち合いたいです」

■脇田和之監督談(YSP寝屋川店長)
「今大会は、中須賀選手も、チームも、非常に順調で、昨年チャンピオンを決めた最終戦の勢いのまま臨んだ大会でした。だからこそ、ぶっちぎりのレースになると予想していましたが、実際は秋吉選手、高橋選手とのバトルでハラハラしたものとなり、レースの醍醐味を堪能できる内容で、私はもちろん、YSP応援団をはじめとするファンにとっては、うれしい誤算となりました。しかし、中須賀選手自身は、冷静さとアグレッシブさを上手く使い分け、貫禄すら感じさせる走りで開幕戦を制しました。昨年は序盤厳しい状況からの逆転チャンピオンでしたが、今シーズンはこの勢いで、勝利を積み重ねくれるはずですので、ぜひ、平忠彦さん、藤原儀彦さんに続く、全日本最高峰3連覇を期待してください」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る