[Repsol Honda Team]MotoGP Rd.2 マルケスが2戦連続ポールポジションを獲得

マルケスが2戦連続ポールポジションを獲得。ペドロサ、ブラドルが僅差で続き、Honda勢がフロントロー独占

第2戦アメリカズGPの予選は、Honda勢が上位を独占し、今季初となるフロントロー独占を果たしました。ポールポジション(PP)を獲得したのはマルク・マルケスで、4回のフリー走行すべてを制し、予選では自身の持つ2分03秒021のサーキットベストタイムを更新する2分02秒773をマークしました。アメリカズGPでは2年連続、そして開幕から2戦連続PPを獲得しました。

初日のフリー走行でライバルを圧倒したマルケスは、2日目のフリー走行で、ただ一人2分3秒台で連続ラップをこなしました。さらに予選でも、唯一2分2秒台に乗せる快速ラップを刻み、サーキットに集まったファンたちを魅了しました。昨年の大会で最年少PP、最年少優勝という新記録を樹立したマルケスのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)での人気は高く、2年連続PPを獲得したマルケスに大きな拍手と声援が送られていました。

2番手にはダニ・ペドロサが入り、セッションをこなすごとに1秒近くタイムを短縮していきました。フリー走行はマルケス、ステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)に続いて総合3番手でしたが、予選ではさらにタイムを短縮し、チームメートのマルケスに対し、0.298秒差まで迫る快走で2番手に浮上しました。昨年の大会では予選2番手から2位表彰台を獲得しました。予選、決勝ともにマルケスとの一騎打ちとなりましたが、優勝したマルケスには届きませんでした。それだけに、「今年は昨年より順位を上げたい」と今季初優勝に気合十分。Repsol Honda Teamの両選手の優勝争いに大きな注目が集まっています。

コメント
■マルク・マルケス(MotoGP ポールポジション)
「今回のレースウイークの進み具合、そしてポールポジションを獲得した予選セッションには、とても満足しています。 マシンのフィーリングはいいです。そして明日のレースを前にいいペースを築くことができました。とにかく、いいスタートが切れるようにがんばります。明日はダニとのバトルになると思います。彼が一番のライバルです。昨日、今日と気温が高いため、明日もタイヤに厳しいレースになるはずです。こういったコンディションの中では、序盤の戦いがとても重要になるので、集中していいレースをしたいと思います」

■ダニ・ペドロサ(MotoGP 2番手)
「今日はマシンをかなりよくすることができ、昨日よりだいぶんいい走りをすることができました。予選ではポールポジションまでもう少しのところでした。明日のレースでは、アドバンテージをすべて使いきって優勝したいと思います。昨年(のアメリカズGP)は2位でしたので、明日はあと一つ順位を上げたいです」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る