「搭乗型移動支援ロボット」が走れる日

同じ二輪でも横二輪の話。茨城県つくば市は「搭乗型移動支援ロボット」、つまりセグウェイのような乗り物が公道を堂々と走れる街である。これは構造改革特区という、国から認められた「葵の御紋」があるからだが、実情はそうではないらしい。

たとえば市民がセグウェイで通勤したい場合、自転車に乗った保安要員が、通勤者1人に対して1名必ず付かなくてはならない規則になっている。市内観光ツアーも開催されているが、インストラクターの他にその保安要員がもれなく付いてくる。せっかく自由な気分で楽しみたいツアーなのに、なんだか常に監視されているようで窮屈ではないだろうか。

3年前から社会実験を続けてきたつくば市では安全は実証済みとして、こうした規制の緩和を求めているが国からの回答はNG。さらに安全運転講習などのライセンス制の提案もしているというが依然、聞き入れられていないという。

時期尚早ということなのだろうが、これでは何のための「特区」なのか分からない。ホンダの「UNI-CUB(ユニカブ)」やトヨタの「Winglet(ウィングレット)」など、国産メーカーによる次世代型パーソナルモビリティの開発も進められているが、このまま規制の壁に阻まれていては優れた技術も生かせず、気付いたら海外勢に席巻されていたということになるまいか。

欧米では公道でセグウェイの使用が認められているし、私自身、数年前にヨーロッパをバイクで旅したときも、ミュージアム周辺をセグウェイで巡るガイドツアーが大人気だった。6年後の東京オリンピックこそ、日本の技術を世界に誇るハレの舞台になるはずだが、せめてそのときまでには間に合わせてもらいたいものだ。

Webikeニュース編集長 ケニー佐川

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る