MotoGP 公式予選:M.マルケスが2年連続のポールポジションを奪取

フリー走行1から最速リズムと最速ラップで1番時計を連発してきたフリー走行総合1番手のマルケスが、史上最年少ポールポジションを更新した昨年のサーキットベストラップを更新。2年連続のポールポジションを奪取すれば、ペドロサ、ブラドルが続いて、ホンダ勢が1列目を独占。オープンオプションのエスパルガロ兄、ロレンソ、ロッシが続き、青山は16番手だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2018年7月16日、ツインリンクもてぎの南コースでホンダコレクションホール開館20周年記念…
  2. ▲FXDR 114 12/1・2の週末にATCピロティ広場で開催 ハーレーダビッドソンは、話…
  3. V7・V9シリーズの4モデルが対象 ピアッジオグループジャパンは、モト・グッツィのスピリッ…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット 全クラス決勝レース中継 放送開始10:45~ Hon…
ページ上部へ戻る