MotoGP フリー走行2:M.マルケスがライバルたちに1秒差の初日総合1番手

昨年史上最年少記録を次々に更新したサーキット・オブ・ジ・アメリカズに、ポイントリーダーとして戻って来たマルケスは、フリー走行1に続いて、2度目のプラクティスで最速リズムと最速ラップを記録。2年連続して初日総合1番手に飛び出せば、ドビツィオーソが1秒差の2番手に進出。ペドロサ、イアンノーネ、ロッシが続き、ロレンソは1.4秒差の8番手。青山は17番手、オープンオプションの5番手だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  2. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  3. 【PR】 性能復活だけじゃない遙かな高みの入口へ 【ビッグマシン・ゼロ:文-沼尾…
  4. 【PR】 ビッグバイクも自転車感覚 使い勝手と信頼性に納得! 【ビッグマシン・ゼ…
ページ上部へ戻る