MotoGP フリー走行2:M.マルケスがライバルたちに1秒差の初日総合1番手

昨年史上最年少記録を次々に更新したサーキット・オブ・ジ・アメリカズに、ポイントリーダーとして戻って来たマルケスは、フリー走行1に続いて、2度目のプラクティスで最速リズムと最速ラップを記録。2年連続して初日総合1番手に飛び出せば、ドビツィオーソが1秒差の2番手に進出。ペドロサ、イアンノーネ、ロッシが続き、ロレンソは1.4秒差の8番手。青山は17番手、オープンオプションの5番手だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る