MotoGP フリー走行2:M.マルケスがライバルたちに1秒差の初日総合1番手

昨年史上最年少記録を次々に更新したサーキット・オブ・ジ・アメリカズに、ポイントリーダーとして戻って来たマルケスは、フリー走行1に続いて、2度目のプラクティスで最速リズムと最速ラップを記録。2年連続して初日総合1番手に飛び出せば、ドビツィオーソが1秒差の2番手に進出。ペドロサ、イアンノーネ、ロッシが続き、ロレンソは1.4秒差の8番手。青山は17番手、オープンオプションの5番手だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 本誌でもお馴染みトリックスターレーシングによる新型250ccテストが、2018年2月3日、愛…
  2. 2017年11月に開催されたイタリア・ミラノショーに出展されたGSX-S750 Zeroを紹…
  3. SHOEIは、ピュアスポーツフルフェイス「Z-7」の新グラフィック「RECOUNTER(リカ…
  4. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先日、ある方から「大型二輪免許を取ったので…
ページ上部へ戻る