[HONDA]MotoGP Rd.2 1日目フリー走行

マルケスが大会2連覇に向け、好スタートを切る

第2戦アメリカズGPのフリー走行は、マルク・マルケス(Repsol Honda Team)がすばらしい走りでトップタイムをマークしました。午前中の走行では、ただ一人2分4秒台をマーク。午後の走行ではさらにタイムを短縮して、こちらもただ一人2分3秒台に乗せる快走で、サーキットに集まったファンたちを魅了しました。マルケスは2013年のアメリカズGPで、史上最年少でポールポジション(PP)を獲得し、決勝では史上最年少での優勝を果たしました。2年目の開催となる今大会では、初日のフリー走行において自身が持つサーキットベストタイムに匹敵する好タイムをマーク。2年連続優勝に向け、力強くアピールしました。

この日の午前中は雲が多く、午後は青空が広がりました。そのため、午後にかけて気温、路面温度ともに上昇するなど、コンディションが大きく変化する一日となりましたが、このコースを得意とするマルケスは2番手以下に1秒以上の差をつけ、大量リードを築きました。大会2連覇に向けて絶好のスタートを切ったマルケス。この日は完治していない右足にテーピングをした状態での走りとなりましたが、「カタールGPのときより、かなりよくなっていました」と足の状態が回復していることを実感して喜んでいました。

昨年のアメリカズ大会で、マルケスと優勝争いをして2位となったダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)もまずまずのスタートを切りました。この日は終日風が強く、小柄なペドロサにとっては、決してよいコンディションの中でのレースとはいえませんでした。しかし、1回目、2回目のフリー走行ともに3番手に入ります。「それほど速いタイムではありませんでしたが、フィーリングはよかった」とカタールGPのときと同様、着実にタイムを短縮することに成功。今年もマルケスとの優勝争いが期待されるスタートとなりました。

前戦カタールGPの決勝で優勝争いに加わりながら、転倒を喫したステファン・ブラドル(LCR Honda MotoGP)が好調なスタートを切りました。2回のセッションともに順調にラップを刻み、アベレージではトップ3に入る快走をみせました。しかし、最後のアタックでクリアラップが取れず、7番手へとポジションを落としたものの、今季初表彰台が期待される走りとなりました。

ブラドル同様に、開幕戦カタールGPで好走をしながらも転倒を喫したアルバロ・バウティスタ(GO & FUN Honda Gresini)は、1日目は11番手とやや厳しいポジションでのスタートとなりました。この日の課題はコーナーにおける旋回性でした。これがコーナーからの脱出スピードに影響し、タイムを大きくロスしました。2日目のフリー走行や予選では、この遅れを取り戻すことに全力を注ぎます。

市販レーシングマシン「RCV1000R」で出場の4選手は、初めて走るサーキットのため、データを収集しながらセットアップを進める一日となりました。前戦カタールGPで、RCV1000R勢トップとなる7位フィニッシュを決めたスコット・レディング(GO & FUN Honda Gresini)が13番手に入ります。また、ホームでのGP開催に気合の入るニッキ—・ヘイデン(Drive M7 Aspar)が14番手、青山博一(Drive M7 Aspar)が17番手、カレル・アブラハムCardion AB Motoracing)が18番手という結果でした。

Moto2クラスでは、ヨハン・ザルコ(AirAsia Caterham)がトップタイムをマークしました。2番手にドミニク・エージャーター(Technomag carXpert)、3番手に開幕戦カタールGPを制したエステベ・ラバト(Marc VDS Racing Team)、4番手にルーキーのマーベリック・ビニャーレス(Pons 40 HP Tuenti)が僅差で続き、トップから1秒差以内に12台が入る接戦となりました。今大会こそ、今季初表彰台、そして念願の初優勝が期待される中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)は、さまざまなセッティングにトライして8番手、ルーキーの長島哲太(Teluru Team JiR Webike)は31番手でした。

Moto3クラスは、前戦カタールGPで初表彰台を獲得したエフレン・バスケス(Caretta Technology-RTG)がトップタイムを出します。続くHonda勢は、アレックス・リンス(Estrella Galicia 0,0)が5番手、MotoGPを走るマルケスの弟、アレックス・マルケス(Estrella Galicia 0,0)が7番手と、まずまずのスタートを切り、2日目はこの3人にPP獲得の期待が寄せられます。

コメント
■マルク・マルケス(MotoGP 1番手)
「初日のフリープラクティスは結構順調でした。また、今日のタイムには満足していますし、自分と2番手のライダーとのギャップにも満足しています。そして、最も重要なのは、冬のトレーニング中に痛めた足の状態がよかったことでした。まだ気になる部分はありますが、カタールのときよりもだいぶんよくなってきていますし、今日は痛み止めを打たずに両方のプラクティスを走ることができました。今日走ったことで、右足の状態はよくなっているのか、それとも悪くなっているのかの様子をみなければなりません。1日目の走行を終え、少しだけアドバンテージを築けました。ほかのライダーたちもこれからよくなっていくはずですから、今日のアドバンテージを生かせればと思います」

■ダニ・ペドロサ(MotoGP 3番手)
「今日はタイヤに関して、とてもよい仕事をすることができました。ハードコンパウンドを試してみたのですが、とてもうまくいきました。タイム的にはそれほど速くありませんが、フィーリングはよかったと思います。明日もうまく調整が進めば、大きく前進すると思います。今日は成果のある一日でした」

■ステファン・ブラドル(MotoGP 7番手)
「タイムシートでは7位ですが、午前中から午後にかけ、マシンをかなり改善することができましたし、内容的にはもっとよい順位でもおかしくなかったと思います。最後のアタックで少しミスをしてしまい、渋滞にもひっかかってしまいましたが、これらはそれほど問題ではありません。午前中はハンドリングとフロントの感触がよかったですし、午後の走行では決勝に向けてタイヤチェックを行いました。(ソフト、ハード)両方のタイヤで走りましたが、2日目はおそらく前後ともにハードタイヤで走ることになると思います。明日はしっかりとアタックしなければなりません。ドゥカティやオープンクラスには負けられません」

■アルバロ・バウティスタ(MotoGP 11番手)
「トップ10からも外れてしまいましたし、今日はとても苦戦した一日となりました。特にコーナーの中ほどで、マシンが膨らんでしまう状況でした。そのため、マシンを旋回させるのがとても大変でした。午後のセッションでは異なるセットアップを試しましたが、あまりよくはありませんでした。明日に向けてこれからデータを分析します。午前中のセッションでは、ピットを出てすぐの1コーナーで止まりました。そのためにセカンドバイクを使わなければなりませんでした。ですが、すぐに問題は解決しましたし、午後には問題なく両方のマシンを使うことができました」

■スコット・レディング(MotoGP 13番手)
「午前中は『一体どうしたんだ』というような走りだったと思います。ですが、これはMotoGPでこのコースを走るのが初めてだったため、調整すべきことがたくさんあっただけのことでした。最初のセッションは慎重に走りましたが、午後にかけてだんだん感触がよくなりました。一番大変だったのはブレーキングで、反応が遅すぎるときがあったり、早すぎるときがあったりしました。切り返しが必要なパートは、最初からうまく乗ることができました。Hondaのオープンクラスとしては、トップでフィニッシュして1日を終えることができましたので、全体的には満足しています」

■ニッキー・ヘイデン(MotoGP 14番手)
「最初のセッションにおいて電気系統の問題があり、そのためセカンドバイクを使わなければなりませんでした。セカンドバイクは異なるセットアップにする予定だったので、セットアップし直す時間がありませんでした。幸いにもメカニックが問題を解決してくれたので、タイヤテストを行うことができました。ソフトタイヤでは速く走ることができました。そして、ハードタイヤでも、カタールGPのときよりもうまく走れました。この気温だと、どちらを使えばいいのか悩んでいます。今年はサーキット・オブ・ジ・アメリカズを楽しんでいます。まだ完ぺきな状態にはほど遠いのですが、明日に向けていいペースを見つけたいです。どこを改善したらいいのかについてのアイデアはあります。今日はマシンのフィーリングの改善に取り組みました。ホームGPでこれほど後方のポジションにいるのは変な感じですが、明日は前進できることを願っています」

■青山博一(MotoGP 17番手)
「FP1は思うようにセットアップを進めることができませんでした。しかし、FP2は順調にセットアップが進み、タイムを更新することができました。フロントタイヤはソフトとハードを試し、明日はハードで臨もうと考えています。リヤは今日の段階ではソフトですが、明日もう一度ハードを試して、どちらにするか決めたいと思います。今日はバランスを取る作業が続きました。目標は7秒台だったので、まずはその目標をクリアすることができてよかったです。セッション終盤、フレッシュタイヤを装着した選手たちがタイムを上げたので、それまで11番手前後だったのに17番手までポジションを落としてしまいました。明日は10番手前後を目標にして、少しでもポジションを上げたいと思っています」

■ヨハン・ザルコ(Moto2 1番手)
「開幕戦カタールGPではノーポイントに終わりましたので、こうして初日トップに立ててよかったと思います。このサーキットは好きなコースですから、とてもうれしいです。今日はトップタイムをマークできるように集中しました。最初からそうした走りができたので満足しています。目標はトップ3に入ることです。このペースを維持しなければなりません。今の時点での好調を維持して、明日もがんばりたいです」

■エステベ・ラバト(Moto2 3番手)
「今日は両方のセッションでトップ3に入ることができ、とてもいい仕事をすることができました。いろいろなセッティングを試しました。レースへ向けていいペースを見つけることができ、とてもうれしいです。あと何カ所か取り組まなければならないところがあります。特に低速セクションですが、この部分の改良に明日は取り組みます。このサーキットはとても好きです。引き続き今日のような仕事ができれば、開幕戦カタールGPと同じく優勝争いができると思います」

■中上貴晶(Moto2 8番手)
「今日はいろいろなことにトライすることができ、問題点もはっきりしましたので、明日はしっかりまとめたいと思います。今日は、午前と午後で路面コンディションが大きく変わり、全体的にタイムが上がりました。自分もタイムを上げることができましたが、FP1からFP2にかけて大きくセットアップを変えたために、思ったほどタイムを伸ばせませんでした。よい点と悪い点がはっきり出たので、明日はまずこの問題を解消しなければなりません。方向性も分かりましたので、きっとよい状態に持っていけるはずです。タイヤは前後ともにソフトのフィーリングがよかったのですが、明日はもう一度ハードを試してみようと思っています」

■長島哲太(Moto2 31番手)
「午前中は順調にタイムを短縮できました。午後はソフトからハードにタイヤを変えたのですが、グリップが悪く攻めきれませんでした。日本で映像を見ていたときと下見で歩いたとき、そして実際に走った感じがすべて違うというレイアウトでした。走り始めは『好きなサーキットだな』と思いました。予想通りだったのはV字ヘアピンの難しさで、今日一日では攻略できませんでした。明日はソフトを履いて、少しでもコースを攻略したいと思っています」

■アレックス・リンス(Moto3 5番手)
「ポジティブであると同時にネガティブな一日でもありました。路面温度が低かった午前中はかなりうまくいき、とても快適に走れ、いいタイムを出すことができました。午後はいくつかの調整をしたのですが、高い路面温度ではうまくいきませんでした。それでも同じペースを維持することができました。明日はセットアップを改善し、予選でいいラップタイムを出したいです」

■アレックス・マルケス(Moto3 7番手)
「今日は難しい一日でした。午前中の転倒の影響で、午後は少し出遅れてしまいました。ライン取りもまだいくつか改善できるはずです。特に、低速部分では改善が図れると思います。そのためにセットアップをもう少しよくしなければなりません。そして、もっと周回を重ねなければなりません。コース上での時間が足りず、ベストラインがまだ見つけられていません。明日は最初から集中して、予選のことを考えながら前進したいです」

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る