MotoGP フリー走行1:M.マルケスが2年連続して1番時計発進

2年目のオープニングレースで優勝を飾り、ポイントリーダーとして昨年史上最年少の優勝記録を更新した舞台に戻って来たマルケスが、2年連続の1番時計発進を決めると、オープンのエスパルガロ兄がコンマ8秒差の2番手。ペドロサ、ロッシ、ドビツィオーソが続き、ロレンソは2秒差の12番手。青山は18番手、オープンの6番手だった。

関連記事

編集部おすすめ

  1. いつもTeam KAGAYAMAを応援頂き、誠にありがとうございます。 本日は、201…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 ホンダから新型「クロスカブ110」と50c…
  3. ヤマハ発動機は、2018年の国内外レース活動における、ヤマハ主要チーム体制とライダープロフィール…
  4. 2017年11月のミラノショーで発表されたMT-09SPの試乗会がポルトガルで開催され、より詳細…
ページ上部へ戻る