[BRIDGESTONE]JMX IA1 Rd.1 平田 優が第1ヒート2位。小島庸平は総合4位でシーズンスタート

2014MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第1戦(開幕戦)は、熊本県菊池郡大津町のHSR九州で開催された。

ホンダ熊本製作所の敷地内にあるコースは、阿蘇の火山灰が堆積した非常に滑りやすい黒土と、タイトコーナーが連続するテクニカルなレイアウトが特徴だったが、今大会に合せて18年ぶりに全面改修され、総延長を1.6kmから2.2kmに延長。大量の砂を搬入し、大小のジャンプやロングフープスなどを見応えのあるセクションを配すると共に、十分なコース幅を持たせた国内屈指のダイナミックなコースに生まれ変わった。

大会期間中、土曜日の午後降り出した雨が夜半まで続くが、決勝が行なわれた日曜日には天候は回復。冷たい風が肌寒さを感じさせたものの、ベストコンディションとなったレースには、公式発表で昨年を大きく上回る6800人のファンが訪れた。

■IA1 ヒート1
新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)のホールショットでレースがスタート。オープニングラップは成田 亮(ホンダ-DL)、熱田孝高(スズキ-ブリヂストン)、平田 優(ヤマハ-ブリヂストン)が先行し、新井は4番手、小島庸平(スズキ-ブリヂストン)が5番手でコントロールラインを通過。2周目、平田が熱田、成田をパスしトップに浮上。前半平田は成田を抑えて果敢にレースをリードするが、7周目に成田が前に出る。後半、懸命に成田を追った平田だったが、再逆転には一歩及ばず2位でフィニッシュ。後続では3位争いを繰り広げていた新井が転倒で順位を落とし、小方 誠(ホンダ-DL)が4位。小島が5位、三原が6位、熱田が7位、星野優位(ホンダ-ブリヂストン)、深谷広一(ホンダ-ブリヂストン)の順でチェッカーを受けた。

■IA1 ヒート2
ヒート2も新井の好スタートでレース開始。しかしヒート1での転倒によるダメージを残す新井はトップ争いのペースを維持することが出来ず、成田、平田、新井、星野優位、小方、小島、深谷、田中教世(ヤマハ-DL)、熱田、三原の順でオープニングラップをクリアする。2周目、トップ成田を完全に射程に捉え、ロングフープスで勝負をしかけた平田だったが、バランスを崩し転倒、そのままリタイアとなってしまう。序盤、小方が2番手に上がり、小島は3番手、星野優位が4番手を走行。小島は後半も安定した走りで3番手をキープしていたが、終盤ミスでひとつ順位を落とし、4位でフィニッシュ。地元の深谷、三原、熱田、新井、星野優位のブリヂストン勢が小島に続きチェッカーを受けた。

■大庭裕史 — 株式会社ブリヂストン MCタイヤ開発部
全面改修されたコースは、前半が比較的柔らかく、後半は硬く締まった路面で、土曜日は雨が降ったため、ソフトパターンを選択するライダーがほとんどでした。予選の熱田選手はフロントに新型のソフトパターンを使用してトップフィニッシュしてくれましたが、これはレンジの広さを活かしてくれた結果だと思います。雨の影響が残った決勝は、ソフトからミディアム、ハードという流れでしたが、いずれのタイヤも大きなネガはなく、それぞれのタイヤのパフォーマンスとして対応出来たと思います。ヒート1では平田 優選手が2位表彰台を獲得してくれました。次の関東大会も独特のコース。昨年から取り組んできたスペックを投入し、好結果をアシストできればと思っています。

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る