[YAMAHA]JMX Rd.1 IA1:田中が両ヒート3位で表彰台獲得

■大会名称:2014全日本モトクロス選手権第1戦九州大会
■開催日:2014年4月6日(日)
■会場:熊本県・HSR九州
■レース時間:(30分+1周)×2ヒート
■天候:晴れ
■観客数:6,600人

●IA1:田中が両ヒート3位で表彰台獲得
平田は第1ヒートで2位、第2ヒートはリタイア

2014年の全日本モトクロス選手権の開幕戦、第1戦九州大会が、HSR九州で開催された。ヤマハは、トップチームのYAMAHA YSP Racing TeamからIA1に昨年のランキング3位平田優とランキング11位の田中教世、そしてIA2には、今シーズンから新たにチームに加わった渡辺祐介が、チャンピオン獲得に向け、シーズンを迎えた。会場となったHSR九州は、大きくコース改修が行われ、レイアウト、全長、コース幅などが大きく変更。従来のテクニカルなコースから、多様なテーブルトップとリズムセクションなどからハイスピードコースへと生まれ変わった。

国内最高峰IA1の開幕レースとなる第1ヒート、スタートを制したのは、昨年のチャンピオン成田亮(ホンダ)。YAMAHA YSP Racing Teamの平田優も、好スタートから4番手で第1コーナーを駆け抜ける。1周目を終えての順位は、成田、熱田孝高(スズキ)、平田、新井宏彰(カワサキ)、小島庸平(スズキ)と続き、平田のチームメイトである田中教世は6番手。

この中で、序盤攻勢に出たのは平田。2周目、一気にトップに浮上すると、後方の成田以下を引き離すハイペースで独走するも、中盤に入ると、成田が反撃し逆転を許す。しかし、そこから平田はそのテールに食らいつきレースを展開、最後までかわすにはいたらなかったが、何度も背後に迫る速さと安定感を見せ、2位でフィニッシュ。昨年と同様、開幕戦での表彰台獲得で好調をアピールした。

一方の田中も、序盤からライバルたちを次々と攻略。小島、熱田、新井をかわして、5周目には平田に続く3番手に浮上する。中盤以降は、上位2人には離されたものの、後方から十分なマージンを確保したまま周回を重ね3位とし、開幕から平田とともに表彰台に立った。

続く第2ヒートは、平田に不運が襲いかかる。成田、新井に続く、3番手で好スタートを切り、さらに2番手に順位を上げて臨んだ2周目。トップを捉えるべくアタックしたフープスでコースアウトして転倒しリタイアとなってしまう。レースは平田が不在となったが、変わって田中が奮起する。1周目を終え8番手という状況から、4周目までに4番手とし、3番手の小島とマッチアップ。着実その差を詰めて約2秒差にピタリとつけるが、小島もねばりの走りでこう着状態が続く。そして、ラスト3周のところで、田中がアタックしてパッシングに成功すると、そのまま逃げ切って第1ヒートに続き3位表彰台を獲得した。

なおトップ争いは、成田と小方誠(ホンダ)のバトルとなり、最終ラップに成田が小方を逆転し、両ヒート優勝を飾った。総合では成田がトップ、田中はこれに続き総合3位、第2ヒートでリタイアとなった平田は総合10位で開幕戦を終えた。

●IA2:渡辺が第1ヒート6位、第2ヒートは安原が5位を獲得

IA最初のレースとなったIA2の第1ヒート。国際A級2年目となる渡辺祐介は、YAMAHA YSP Racing Teamのライダーとして初のレースを、予選5番グリッドで迎えた。コースは昨日の雨により若干ウエットな状況だったが、渡辺は好スタートから4番手あたりで1コーナーをクリアし、1周目を終えて5番手。トップは小川孝平(ホンダ)となり、それを富田俊樹(ホンダ)、竹中純矢(スズキ)が追う。

渡辺は序盤、勝谷武史(カワサキ)にかわされるも、他をかわして順位を上げ5番手をキープするが、上位陣のペースには着いていけず徐々に離されてしまう。中盤以降は、安定した走りで5番手のまま周回を重ねるが、ラスト2周となったところで、能塚智寛(カワサキ)にかわされフィニッシュ。それでも開幕レースを6位入賞でまとめた。

上位は、序盤、富田が小川をかわしトップに立つも転倒、これで再びトップに立った小川が逃げ切り優勝。2位は竹中、3位が富田となった。

第2ヒート、ホールショットは田中雅己(ホンダ)、これに富田、勝谷が続く。渡辺は中団に飲み込まれるも、1周目を10番手。序盤にひとつ順位を上げたが、その後は順位を上げられず、さらに8周目に2度転倒を喫し、一時は19番手あたりまで順位を落としてしまう。しかし、そこから踏ん張り、粘り強く走りで順位を上げ、最後は13位でフィニッシュとなった。

スタートで他車との接触があり、大きく出遅れた安原志(名阪レーシング)は、13番手で2周目に入るも、積極的なレースで、3周目には10番手、5周目には6番手と順位を上げる。後半に入ると、ペースの近い上位陣と争いになり、なかなか差を縮めることはできなかったが、最後は、前を走るライダーの転倒で順位をひとつ上げ5位でレースを終えた。

優勝は、今シーズン全日本に復帰した勝谷、2位は能塚、3位は富田となり、勝谷が総合優勝。渡辺は総合10位、安原は総合7位となった。

●レディース:安原さやが3位表彰台を獲得

レディースクラスは、ディフェンディングチャンピオンの邵洋子(スズキ)がホールショット。安原さや(名阪レーシング)も好スタートから、竹内優菜(ホンダ)に続く3番手で1コーナーを抜ける。1周目に安原は4番手となるが、竹内がアクシデントで後退。また1周目に前を譲った高橋絵莉子(ホンダ)を逆転し、2番手に浮上して邵を追いかける。ところがその2周目、今度は安原が転倒、高橋、竹内にかわされ4番手に後退してしまうが、このビハインドをはねのけ、後半に高橋をかわし、邵、竹内に続く3位表彰台で今季初レースを終えた。

次回の第2戦は4月20日(決勝)、オフロードヴィレッジ(埼玉県)にて開催される。

コメント
■IA1:田中教世選手談(3位/3位:総合3位)

「昨年、一昨年と、開幕では成績を揃えることができていなかったので、3/3位という成績自体は評価できます。しかし、課題として取り組んできたスタートを両ヒートとも決めることができず、トップ争いにからんでいない成績のため、納得もできないし、大きな反省点だと思います。第1ヒートは、それでも3番手から前の2人に加われると思っていたのですが、フープスで転倒しそうになり、一気に開幕戦でのケガやノーポイントが頭をよぎって、走りが固くなりタイムを落としてしまいました。第2ヒートは、序盤の混戦から抜け出すのに体力を使い、さらに第1ヒートの疲労もあって、小島選手とのバトルは苦しみました。最後は、前にでることができましたが、本当にギリギリだったと思います。次の関東では、最低でも5番以内でスタートしてトップを争い、そして優勝を狙っていきますので、期待してください」

■IA2:渡辺祐介談(6位/13位:総合10位)

「今回はチームが変わって初めてのシーズンで、プレッシャーや緊張があったのですが、“気楽に楽しくやれ”と言うチームの皆さんの言葉で、比較的冷静にレースには臨めたと思います。でも結果自体はやはり、ヤマハトップチームに相応しいものとはなりませんでした。まず、第1ヒートはスタートが決まったにもかかわらず、前のライダーたちのスピードについていけませんでした。トップ集団から離されたあとは、安定して走ることができましたが、やはり絶対的なスピードアップは今後の課題です。第2ヒートは、スタートでフロントが上がり、アクセルを戻してしまったことで遅れ、さらに2回の転倒がありましたが、最後まで気持ちが切れなかったことは良かったと思います。最低ラインを入賞としていたため悔しい結果ですが、今後は、環境に早く慣れて、一歩一歩着実に前進していきたいと思います」

■志原住弘監督談(YSP南くるめ代表)

「ライディングも成績も非常にポジティブなものでした。平田選手は第1ヒートでの2位、第2ヒートも序盤2位と非常に好調だっただけに、残念でなりません。リタイアはかなり攻勢に出てしまっての転倒だと思いますが、後半の戦いを見たかったというのが、私だけでなく大勢のファンの願いだったことでしょう。田中選手はとても良い結果だったと受け止めています。スタートで遅れていましたが、そこからはベテランらしい、上手さ、強さを見せてくれました。渡辺選手は、やはり初のトップチームということで、レースに集中できている反面、プレッシャーがあったことは確か。長いシーズンだし、実力は持っているライダーなので、ここからの成長を楽しみにしたいと思います。そしてチームとしても、非常に高いポテンシャルはあるので、ファンの皆さんには、彼らのチャレンジを楽しみ、応援してほしいと思います」

■レディース:安原さや(3位)

「あまり得意でないスタートが開幕戦で成功したことで、入りはとても緊張してしまいました。2番手に上がった時、邵選手には大きな差をつけられていましたが、まだ射程圏内にある考え、トップを奪う気で追いました。しかし、フープスにアプローチするラインにギャップがあったため、変更を試みた結果転倒してしまったのです。それでも、昨年くらいから勝てるライダーが増え、大きくポイントを落とすことが一番嫌だったので、厳しい状況の中3位に入れたことは、これから長いシーズンを戦っていく上で自信になりました。次回の関東大会は、これまで勝率が一番高いコースなので、優勝だけを見据えて走りますので、応援よろしくお願いします」

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る