強力な信頼関係と尊敬。それがTeam KAGAYAMAの強さ

再手術からわずか一ヶ月後の最終戦に出場した加賀山就臣選手が転倒

全日本ロードレース2013年シーズン最終戦鈴鹿。Team KAGAYAMAの加賀山就臣選手は万全では無い体調で臨んだ。2012年9月にオートポリスで負った大怪我は未だに完治しておらず、2013年第8戦岡山の前に再手術を決断して岡山大会は欠場、武田雄一選手が代役として走った。最終戦鈴鹿は再手術からわずか一ヶ月後、リハビリを開始した矢先のレースである。周囲は、治療に専念して欲しいというのが本音だろうが誰も口に出せずにいた。来季に向けたデータ収集、応援しに来てくれるお客様のためにも加賀山選手は欠場しないだろう、と思っていたからである。

金曜日のフリー走行、200Rで加賀山選手が転倒。リアタイヤが滑りゼブラゾーンに乗り上げ、タテ回転の激しい転倒。誰もが「脚をやったか?」と気が気では無かった。

「オレがケビンと8耐を走った?」「3 位表彰台?ウソでしょ?!」

大転倒を喫した加賀山選手、不幸中の幸いで肋骨の骨折だけで済んだが(肋骨の骨折でも大怪我だが)、後頭部を強打したためその後の走行はキャンセルした。脳しんとうを起こした加賀山選手は、メディカルセンターで驚くべき言動を繰り返す。なんと、鈴鹿8耐に参戦したことを覚えていないのだった。

「オレがケビンと走った?」「3位表彰台?ウソでしょ?!」

後頭部強打による一時的な健忘症になっていたのである。最高の思い出さえも忘れてしまうくらいの衝撃だったのだ。もちろん記憶が一時的に飛んだだけで徐々に戻ってきたが翌日の予選を走れるかどうか微妙な状態であった。そこへ河村マネージャーがMFJと交渉して2台エントリーの許認可を得て戻ってきた。ある考えがあったからだ。

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る