【新車】SUZUKI、軽二輪スポーツモデル「ST250 Eタイプ」の車体色を変更して4月14日に発売

スズキ株式会社は、249cm3単気筒エンジンを搭載するトラディショナルなスタイルの軽二輪ロードスポーツモデル「ST250 Eタイプ」の車体色を変更し、4月14日(月)より発売する。

●主な変更点

・車体色のキャンディダークチェリーレッドを新色「フォックスオレンジメタリック/グラススパークルブラック」(橙色/黒)に変更し、 「パールミラージュホワイト/グラススパークルブラック」(白/黒)、「グラスミッドナイトブラウン」(茶色)の3色設定とした。
・フレーム色を黒に統一した
・Sエンブレムの変更
※主要諸元に変更は無い。

●主な特長

・燃費性能、始動性に優れるフューエルインジェクションシステムを採用。
・低中速で力強く、扱いやすい特性の249cm3空冷単気筒エンジンは、シリンダー フィンの美しいクラシカルな外観としている。また、放熱性・耐久性に優れるSCEM※アルミメッキ シリンダーを採用。
・マフラー、ヘッドライトケースなど各部にクロームメッキを施し、フロントフォーク、 エンジンケースはバフクリア仕上げとし、トラディショナルなスタイリングを際立たせた。
※SUZUKI Composite Electrochemical Material

商品名 メーカー希望小売価格[消費税8%込] 発売日
ST250 Eタイプ(ST250XK9) ¥484, 920(消費税抜き¥449,000) 2014年4月14日

※価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録に伴う費用は含まれない

<車体色>
フォックスオレンジメタリック/グラススパークルブラック(JGS)

パールミラージュホワイト/グラススパークルブラック(AB3)

グラスミッドナイトブラウン(ANX)

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る