Team HRC 2014年FIMクロスカントリーラリー世界選手権 参戦体制について

Hondaのワークスチームである「Team HRC」は、2014年FIMクロスカントリーラリー世界選手権第1戦の「アブダビ・デザート・チャレンジ」に向け、今シーズンの参戦体制を発表しました。
Team HRC は、チーム監督にウルフギャング・フィッシャー氏、ライダーにパウロ・ゴンサルヴェス(ポルトガル、2013FIMクロスカントリーラリー世界選手権チャンピオン)、エルダー・ロドリゲス(ポルトガル、ダカールラリー2014総合5位)、ホアン・バレダ(スペイン、ダカールラリー2014総合7位/5ステージ優勝)の3名を迎え、今シーズンのクロスカントリーラリー世界選手権、および「ダカールラリー2015」に参戦します。
クロスカントリーラリー世界選手権の昨年度の年間チャンピオンのパウロ・ゴンサルヴェス選手は、引き続きタイトル獲得を目標とし、世界各地で実施される同選手権の公式テストへの参加を予定しております。尚、ダカールラリー2015、および2014年中に開催予定のその他のレースに参戦するライダーやサポート体制については、別途発表を予定しています。

マルティーノ・ビアンキ|Team HRC ゼネラルマネージャー
「2013年クロスカントリーラリー世界選手権をはじめ、2輪オフロードレースで数々の実績を持つウルフギャング・フィッシャー氏をチーム監督として迎えることができ、非常にうれしく思っています。今シーズンは、氏独自の創造性と熱意をもって新しいチームを牽引してくれると確信しています。また、ロドリゲス、バレダ、ゴンサルヴェスと、いずれも経験豊富でモチベーションの高いライダーを迎えることができ、Team HRCは、勝利を目指して確実に突き進んでいきます」

ウルフギャング・フィッシャー|Team HRC チーム監督
「この度、Team HRCにチーム監督として就任できたことを、HRCとゼネラルマネージャーのマルティーノ・ビアンキさんにお礼を申し上げます。わたしは、数年間にわたりゴンサルヴェスとバレダとともに戦い、ラリー競技の最高レベルへと近づくことが出来ました。この経験を活かし、Hondaのラリープロジェクトに正式なメンバーとして全力でサポートできることを嬉しく思います。ロドリゲスやTeam HRCの優秀なスタッフと一丸となり、パーフェクトなシーズンとダカールラリー2015の優勝を目指していけると確信しています」

エルダー・ロドリゲス|Team HRC ライダー
「2年前からHondaとTeam HRCとともに始めたこのラリープロジェクトに引き続き参加できることを感謝しています。現在、チームはあらゆる面で改善を続けており、シーズンをこのような状態で開始できるのは非常にいいことです。今シーズンはチーム一体となりより多くのレース参戦とマシン開発に集中し、昨年のダカールよりいい結果を目指します」

ホアン・バレダ|Team HRC ライダー
「ファクトリーチームのTeam HRCのメンバーとなったことを誇りに思います。チームの信頼に応えるよう、いい結果を出そうと思います。昨年はチームの成長にとって重要な一年でしたが、今年は新たな体制でよりダカールにフォーカスして戦えると思います。マシンは非常に戦闘力が高く、夏頃までには今シーズンの最大の目標であるダカールに向けて、準備を整えられる自信があります」

パウロ・ゴンサルヴェス|Team HRC ライダー
「Team HRCに信頼されていることを大変嬉しく思います。Hondaのライダーとしてクロスカントリーラリー世界選手権でナンバー1を背負うことは誇らしく、今シーズンもチャンピオンをねらいます。ダカールラリー2014で、最多のステージ優勝を獲得したバレダ、2回のポディウムに登ったロドリゲスという最高のチームメイトとともに、Hondaが我々に託した期待に応えるよう全力で優勝を目指します」

関連記事

編集部おすすめ

  1. エッジの効いたラインとスパイダーメッシュ柄 アライは、機能に徹したスタンダードフルフェイス…
  2. サーキット直系のクオリティーをストリートで! アクラポビッチは、ニンジャ1000(Z100…
  3. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  4. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
ページ上部へ戻る