【試乗インプレッション】「Dトラッカー125」軽量ボディに倒立フォーク、空冷FIエンジンは10.2PSを発揮

main

ニンジャ250Rで軽二輪250ccクラスに旋風を巻き起こしたカワサキの次なる一手は、都市部での機動力や経済性が見直されている小型二輪125ccクラス!
DトラッカーXの弟分ともいえる125は、専用設計のペリメターフレームに、これまで海外モデルにのみ使用されていた空冷SOHC2バルブ単気筒を搭載。フューエルインジェクション、キャタライザーを標準装備し、排気ガス規制をクリアしながら10.2PSを発揮。当然、マニュアル5速、セル始動だ。

インジェクションは、エストレヤや250TRに使用されているディスチャージポンプ式ではなく、ポンプ/インジェクター/スロットルボディを別体式とした本格仕様で、このあたりは思い切ってコストをかけていることが分かる。

モタードフォルムを決定づける前後タイヤは、カワサキ公道モデル初採用の14インチホイールにロードタイヤをセット。フロントは倒立フォーク、リアはユニトラックサスを組み合わせ、ホイールトラベルは前150、後180と、上級モデルに劣らぬ装備とスペックで、本格派の走りを予感させる。

必要充分なパワーを発揮するエンジン、スリムで窮屈さのないサイズの車体、充実した足まわりや装備類。シティコミュータとして、気軽に走りを楽しむマシンとして、多くのライダーの眼に魅力的に映ることだろう。仕上がりを見ると、発売はもうすぐ。デビューが楽しみな1台だ。

1-1専用設計されているシャシーならではの、バランスの取れたスタイリングになっている。また、ホイールは専用の前後14インチを装着している。1-2輸出モデルのKLX140用のエンジンをベースにした、OHC2バルブヘッドを持つシンプルな空冷シングルエンジンは、インジェクションを組み合わせられ10.2PSを発揮。セルスターターのみでキックは装着されていない。1-3整備質量114kgという軽量ボディと805mmという低いシート高のおかげで、足着き性や取り回しに不安を感じさせない。細身で絞られたシート形状も足着き性に貢献しているようだ。シート後方にはツールケースがマウントされている。1-4飛び石などによるダメージを防ぐフォークガードを装着したφ35mm倒立フォークを採用。ストローク量は150mm。14インチホイールに組み合わせられるブレーキディスクはφ240mmのシングルペタルディスクとな1-5液晶パネルには、デジタルスピードメーター/バーグラフ式タコメーター/時計/オドメーター/ツイントリップメーターを表示する。燃料計は警告灯となっている。1-6車格は250ccモデルのDトラッカーXよりひと回り小さい。足着き性は両足がかかとまで地面につくので、ほとんどの人が不安を感じることはないはず。ただし、ポジション自体は上体が起き気味になり、モタードらしいものとなる。(身長=171cm 体重=63kg)

情報提供元 [オートバイ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る