【試乗インプレッション】「DAYTONA675 [デイトナ]」挑戦したくなるのが3気筒スポーツ

1-main

「オレはオートバイにゃ、ちっとうるせえんだ」とは口には出さないけど、オートバイ乗りならみんなそう思っているというもんだ。だけどそんなことで肩肘張りたくはないし、さりげなく楽しみたい。だったら昔の仲間のようにスクーターにするという手もあるけど、そこまで妥協はしたくない。なんせ昔のレプリカ時代を知っている世代としては、レーシーさとか乗ったときの高揚感も忘れられないんだ。

 そんなことを考えて愛車選びをしている人も多いはずである。だけどそんな要求にピッタリのモデルはなかなかないのも事実かも。まあ僕もそんなふうに聞かれたらお薦めモデルって即答できそうにはない。ただ新しいデイトナ675に乗った今、こいつを候補に加えていいんじゃないかと思えてくる。

 何はともあれ、オートバイというのは普通に使えるものじゃないといけない。話はそれからだ。デイトナはスーパースポーツだが、オシャレなストリートバイクでもある。それにこの大きさなら取り回しに苦労するなんてこともない。ハンドル切れ角だって国産マシン並みだし。

 ポジションはスーパースポーツとしては普通で、足着き性も決していいわけでない。でも4気筒車にはないスリムさがあって、身体に馴染むし、身体を動かしやすいから無理な姿勢に押し込められる感じがなく、意外なほど街乗りに順応できる。

 バイクを普通に使うにはエンジンに柔軟性が欲しい。ノロノロ運転で気を使うなんてゴメンだからね。その点このエンジンは従来型よりもさらにスムーズで、そのまま街乗りバイクにしていいほどだ。6速で1500回転、30km/hでも走れるし、4000回転も回っていれば普通に追い越しが可能。さらに6000回点以上ならリヤにトラクションを感じてスポーツできる。

 もちろんトップレベルのサーキット性能を備えていれば、自分の道具に自信を持ってスポーツ走行に没頭できよう。実はこのデイトナ、欧州の雑誌主催のサーキットでのタイム計測イベントで、このクラスの最速タイムをマークした実績もある。最速のお墨付きなのだ。そしてこの新型はサーキット性能に更なる磨きが掛けられている。(文:和歌山利宏 写真提供:TRIUMPH)

1-1フルアジャスタブルのフロントフォークは、伸/圧側の減衰力調整を、さらに低速/高速の2ウェイで調整できる機構を追加。まさにレーススペック。1-2リアサスも減衰力調整をさらに低速/高速の2ウェイで調整できる。主にサーキットでのセットアップではいまや常識。ホイールトラベルは130mmだ。1-3スーパースポーツらしくシート高は高くシート傾斜もきついが、3気筒ならではのスリムさと軽さで片足つま先立ちでも不安は少ない。上体はこのようにきわめてコンパクトだ。

ページ:

1

2

関連記事

編集部おすすめ

  1. 2月8日にフィリピンで初お披露目された新型ハイエース。新型のプラットフォームやセミボンネット…
  2. ヤマハ発動機は、フィリピンにおける二輪車のさらなる販売拡大に対応するため、同国バダンガス州の…
  3. 2月18日に突如フィリピンにてトヨタ自動車から発表された新型ハイエース。今年に入ってTwit…
  4. MVアグスタは、純正スペシャルパーツ“BLACKOUT KIT”をプレゼントするキャンペーン…
ページ上部へ戻る