【試乗インプレッション】「モンキー」リニューアルで楽しさ倍増!

1-main

 パッと見るといつもの可愛らしいモンキー。けれどよく近寄って見ればどことなく凄みが増している。それがフルモデルチェンジを受けた新世代モンキーだ。

 国内排出ガス規制をパスするために、なんとフューエルインジェクションを搭載した新世代モンキー。けれど心配は無用。モンキーならではのトコトコした走行フィーリングやコンパクトなサイズは従来型ほぼそのままで、むやみに「劇的変化!」とはなっていない点がイイのだ。

 もちろんインジェクション採用により、エンジンフィーリングはかなり力強くなった。特にアクセル開け始めの極低回転のスムーズさや、高回転の伸びは明らかに洗練されているし、カタログデータでついに燃費100km/Lを達成! インジェクションのいいところだけを上手にいかしている印象なのだ。

1-1折り畳めるハンドルやコンパクトな車体は従来モデルを継承し、エンジンをはじめとした細部までグレードアップ化が図られている。リミテッドモデルのカラーは赤×銀の1色。1-2フロントにテレスコピック式フォーク、リアにはスイングアーム式の2本ショックを採用。8インチホイールにはブロックタイヤを装着。1-3伝統の4ストOHCエンジンにPGM-FIを搭載したことで始動性や発進加速が向上した。ギアは4速マニュアル。1-4シート下にはバッテリーやレギュレーターが配されている。収納スペースはない。

ページ:

1

2

関連記事

編集部おすすめ

  1. とうとう本気だす。 WebikeスタッフのSHOESです。今回は走りに言及しつつ、実際乗ってみ…
  2. 2019年8月、アメリカのユタ州ボンネビルで開催された「Bonneville Motorcy…
  3. ライダーがお互いの位置を共有可能に ナビタイムジャパンは、2019年12月6日(金)より、…
  4. ※画像は公式サイトのスクリーンショット BMW Motorradは、対象の新車を購入するともれ…
ページ上部へ戻る